Top > Search Technology seeds > AUTOMATIC EXCAVATION PROPULSION DEVICE

AUTOMATIC EXCAVATION PROPULSION DEVICE

Seeds code S130011537
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)中村 太郎
  • (In Japanese)大森 隼人
  • (In Japanese)村上 太郎
  • (In Japanese)長井 弘明
Name of technology AUTOMATIC EXCAVATION PROPULSION DEVICE
Technology summary (In Japanese)この自動掘削推進装置は、軸方向に貫通する中空部11を備えた蠕動運動による推進機構10と、中空部内に配置されて推進機構と相対回転するアースオーガ50と、を備え、推進機構は、一列に配列されて個別にその外径を縮径・拡径させる3個以上の伸縮ユニット12を備えると共に、各伸縮ユニットは縮径時に軸方向長が伸長すると共に拡径時に軸方向長が短縮する構成を備え、先端部の大径の掘削スクリュ53と、中空部内に配置され且つ掘削スクリュ後端部に連続一体化された掘削土砂搬送用の小径の搬送スクリュ60と、を備える。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2010-035286.gif
Research field
  • Excavators
Seeds that can be deployed (In Japanese)例えば月面等の特殊な環境においてアースオーガを用いて無人で地盤を掘削する自動掘削推進装置において、アースオーガが発生させる掘削反力を安定して支持し、また掘削中に生成される掘削土砂を効果的に掘削穴外へ排出することにより土圧を低減させながら、効率的な掘進を実施することを可能とする推進機構を備えた自動掘削推進装置を提供する。先端の掘削部と後方の土砂搬送部との径寸法等を異ならせたアースオーガと、蠕動運動を利用した推進機構とを組み合わせて、自律で鉛直方向の土掘削を行う。
この自動掘削推進装置によれば、アースオーガが発生させる掘削反力を安定して支持し、掘削中に生成される掘削土砂を効果的に掘削穴外へ排出することにより土圧を低減させながら、効率的な掘進を自律で行うことが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)自動掘削推進装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人 中央大学, . (In Japanese)中村 太郎, 大森 隼人, 村上 太郎, 長井 弘明, . AUTOMATIC EXCAVATION PROPULSION DEVICE. P2011-169056A. Sep 1, 2011
  • E21B   7/00     

PAGE TOP