Top > Search Technology seeds > METHOD OF MANUFACTURING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL AND MAGNESIUM ALLOY MATERIAL

METHOD OF MANUFACTURING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL AND MAGNESIUM ALLOY MATERIAL

Seeds code S130011600
Posted date Jun 7, 2013
Researchers
  • (In Japanese)河村 能人
  • (In Japanese)野田 雅史
Name of technology METHOD OF MANUFACTURING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL AND MAGNESIUM ALLOY MATERIAL
Technology summary (In Japanese)このマグネシウム合金材の製造方法は、まず、必須成分としてZnと希土類元素(RE)を含有し、残部がMgと不可避的不純物からなるMg-Zn-RE系合金(例えば、Mg-Zn-Y系合金)を鋳造して、長周期積層構造相(LPSO相)とαMg相とを有する鋳造材を形成する。次に、この鋳造材に塑性加工(例えば、押出加工、鍛造加工、圧延加工あるいは引抜加工等)を加える。LPSO相を含む鋳造材を塑性加工することによって得られる塑性加工物は、加工前と比較すると、引張強度、0.2%耐力、伸びが向上する。続いて、塑性加工物に熱処理を施して、LPSO相を板状にし、その後、熱処理が施された塑性加工物に押出加工を施すことにより、このマグネシウム合金材を得ることができる。こうして得られるマグネシウム合金材は、集合組織を有さず、熱処理後に再度押出加工(塑性加工)を施してもαMg相は微細であり延性向上と強度向上が認められる。なお、マグネシウム合金材は、必須成分としてZn、Cu、Ni若しくはCoから選択される元素(TM)と希土類元素を含有し、残部がMgと不可避的不純物からなるMg-TM-RE系合金であってもよい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2010-084525.gif
Research field
  • Nonferrous metallic materials
  • Mechanical properties
  • Extrusion
Seeds that can be deployed (In Japanese)優れた引張強度と良好な延性を実現するマグネシウム合金材の製造方法及び優れた引張強度と良好な延性を実現するマグネシウム合金材を提供する。
このマグネシウム合金材の製造方法により、優れた引張強度と良好な延性を実現可能なマグネシウム合金材を得ることができる。また、このマグネシウム合金材は、塑性加工を施すことによって優れた引張強度と良好な延性を実現することができる。
Usage Use field (In Japanese)マグネシウム合金材、電気製品筐体、自動車ホイール、自動車足回り部品、自動車エンジン周り部品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人熊本大学, 公益財団法人くまもと産業支援財団, . (In Japanese)河村 能人, 野田 雅史, . METHOD OF MANUFACTURING MAGNESIUM ALLOY MATERIAL AND MAGNESIUM ALLOY MATERIAL. P2011-214103A. Oct 27, 2011
  • C22F   1/06     
  • C22C  23/06     
  • C22F   1/00     

PAGE TOP