Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR APPRAISING VARIETY OF RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME

METHOD FOR APPRAISING VARIETY OF RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME

Seeds code S130011902
Posted date Jun 10, 2013
Researchers
  • (In Japanese)岸根 雅宏
Name of technology METHOD FOR APPRAISING VARIETY OF RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME
Technology summary (In Japanese)4塩基反復のSSR領域の遺伝的多型に基づいてイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の品種を鑑定する。また、イネにおける4塩基反復のSSR領域を増幅するためのプライマー対、およびプライマーの組合せを2以上含む、プライマー対のセットを提供する。2塩基反復では、本来のピークの前後に複数のピークが検出され、複数品種が混在した場合などにピークの識別が困難となる場合があるが、本4塩基反復では、ほぼ単一のピークとなるため、識別性が高い。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2010-202983.gif
Research field
  • Crop varieties〔=cultivars〕
  • General
Seeds that can be deployed (In Japanese)従来のイネの鑑定法では、基本的に1マーカーによる分析によって2種類の多型しか得られず(情報量が少なく)、近縁種が多い稲ではその識別に多数のマーカーによる分析を必要とする。そこで、識別性の高い4塩基反復のSSR領域を利用した品種鑑定法を提供する。
従来のRAPD-STS法およびSNP法に比べ情報量が多いため、より効率的に、かつより広範な品種の識別が可能である。また、従来の2塩基反復ではなく4塩基反復のSSRを用いることで、ヒトのDNA鑑定と同一の高い精度が得られる。したがって、イネまたはそれに由来する組織(例、米)、あるいはそれらの加工品の鑑定能力に優れている。
Usage Use field (In Japanese)イネ品種鑑定装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)岸根 雅宏, . METHOD FOR APPRAISING VARIETY OF RICE PLANT OR TISSUE DERIVED FROM THE SAME, OR PROCESSED PRODUCT OF THE SAME. P2012-055253A. Mar 22, 2012
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP