Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING TITANIUM SILICON CARBIDE

METHOD FOR PRODUCING TITANIUM SILICON CARBIDE

Seeds code S130012026
Posted date Jun 10, 2013
Researchers
  • (In Japanese)中山 昇
  • (In Japanese)樽田 誠一
  • (In Japanese)高野 寛史
  • (In Japanese)萩原 芳人
Name of technology METHOD FOR PRODUCING TITANIUM SILICON CARBIDE
Technology summary (In Japanese)チタンシリコンカーバイドの製造方法は、チタンシリコンカーバイドの製造に使用する原料粉末を構成するTi粉末の一部をTi繊維に置換したチタン繊維混合粉末を調製する工程と、チタン繊維混合粉末を加圧してチタン繊維を含有する圧粉体を形成する工程と、圧粉体を常圧下において加熱して焼結させる工程とを備え、チタン繊維混合粉末を調製する工程においては、Ti成分と、Si成分と、C成分とがチタンシリコンカーバイドのTiとSiとCのモル比に一致するように、Ti繊維と各粉末の分量比を設定する。チタン繊維混合粉末を調製する工程においては、原料粉末としてTi粉末と、SiC粉末と、C粉末とを使用し、Ti成分と、Si成分と、C成分とがチタンシリコンカーバイドのTiとSiとCのモル比に一致するようにTi繊維と、Ti粉末、SiC粉末、C粉末の分量比を設定することが好ましい。チタン繊維混合粉末を調製する工程においては、Ti粉末に対するTi繊維の置換量を、Ti粉末の質量に対し5~30wt%とすることが好ましい。チタン繊維混合粉末を加圧して圧粉体を形成する工程においては、一軸荷重により前記圧粉体を形成することが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2010-235290.gif
Research field
  • Inorganic chemicals and inorganic materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)チタンシリコンカーバイドは、耐熱衝撃性、耐酸化性に優れ、切削等の機械加工が可能であり、鉛と同等の電気伝導率、熱伝導率を備えるという特徴を有し、これらの特性から、二ケイ化モリブデンに代わる発熱体として期待されている。そこで、従来、問題のあった常圧焼結方法を用いて、割れや欠け等を生じさせずに焼結させることができ、生産性を向上させるチタンシリコンカーバイドの製造方法を提供する。
このチタンシリコンカーバイドの製造方法によれば、原料粉末に含まれているTi粉末の一部をTi繊維に置換することにより、圧粉体の成形が容易に可能となり、常圧下において確実に焼結体を得ることが可能になる。これにより、チタンシリコンカーバイドの生産性を向上させることができる。
Usage Use field (In Japanese)チタンシリコンカーバイド、チタンシリコンカーバイド製造装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)中山 昇, 樽田 誠一, 高野 寛史, 萩原 芳人, . METHOD FOR PRODUCING TITANIUM SILICON CARBIDE. P2012-087009A. May 10, 2012
  • C04B  35/56     

PAGE TOP