Top > Search Technology seeds > DETERMINATION METHOD OF AUTOSOMAL DOMINANT POLYCYSTIC KIDNEY DISEASE AND SCREENING METHOD FOR PREVENTIVE AND THERAPEUTIC DRUG

DETERMINATION METHOD OF AUTOSOMAL DOMINANT POLYCYSTIC KIDNEY DISEASE AND SCREENING METHOD FOR PREVENTIVE AND THERAPEUTIC DRUG

Seeds code S130012052
Posted date Jun 10, 2013
Researchers
  • (In Japanese)阿部 高明
  • (In Japanese)長尾 静子
  • (In Japanese)曽我 朋義
Name of technology DETERMINATION METHOD OF AUTOSOMAL DOMINANT POLYCYSTIC KIDNEY DISEASE AND SCREENING METHOD FOR PREVENTIVE AND THERAPEUTIC DRUG
Technology summary (In Japanese)被検血液試料中に存在する、染色体優性多発性嚢胞腎マーカー物質(5-メチル-2-デオキシシチジン、グルコサミン、エクトイン、2-デオキシシチジン、アラントエート、o-ヒドロキシ安息香酸、フェナセツル酸、3-フェニルプロピオン酸、デカン酸、ヒドロキシデカン酸等)を検出又は定量する。次に、正常対照血液試料中に存在する染色体優性多発性嚢胞腎マーカー物質の検出結果又は定量結果と比較することによって染色体優性多発性嚢胞腎を判定する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2010-261665.gif
Research field
  • Chemical examinations
  • Kidney
Seeds that can be deployed (In Japanese)染色体優性多発性嚢胞腎マーカー物質を用いた染色体優性多発性嚢胞腎の判定方法や、抜本的な治療法及び予防法に用いることのできる薬剤をスクリーニングするための方法を提供する。
染色体優性多発性嚢胞腎マーカーの検出により染色体優性多発性嚢胞腎の判定が、超音波断層像またはCTを用いないでも可能になり、早期判定が可能になる。また、これまでに着目されていなかった新たな染色体優性多発性嚢胞腎マーカー物質に着目して、新規な染色体優性多発性嚢胞腎予防・治療剤を効率よくスクリーニングすることが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)染色体優性多発性嚢胞腎の判定装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東北大学, . (In Japanese)阿部 高明, 長尾 静子, 曽我 朋義, . DETERMINATION METHOD OF AUTOSOMAL DOMINANT POLYCYSTIC KIDNEY DISEASE AND SCREENING METHOD FOR PREVENTIVE AND THERAPEUTIC DRUG. P2012-112784A. Jun 14, 2012
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/50     
  • G01N  33/15     

PAGE TOP