Top > Search Technology seeds > IMMUNOACTIVATOR, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PROMOTING IMMUNOACTIVATING POWER OF TEA EXTRACT

IMMUNOACTIVATOR, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PROMOTING IMMUNOACTIVATING POWER OF TEA EXTRACT

Seeds code S130012200
Posted date Jun 10, 2013
Researchers
  • (In Japanese)物部 真奈美
  • (In Japanese)山本 万里
Name of technology IMMUNOACTIVATOR, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PROMOTING IMMUNOACTIVATING POWER OF TEA EXTRACT
Technology summary (In Japanese)本発明の茶抽出物の免疫賦活力を増進する方法は、茶抽出物中のエピガロカテキンとエピガロカテキンガレートとの、質量比を調整することであり、この方法は茶抽出物の免疫賦活力を容易に高めることができるものである。本発明の免疫賦活剤は、マクロファージの貪食作用を活性化でき、マクロファージによるウイルス等の異物を取り込む効果を促進できる。本発明の免疫賦活剤は、さらに茶抽出成分を含むことが好ましい。これにより、上記マクロファージの貪食作用を活性化する作用、IgAの産生を促進する作用が向上する。茶抽出成分としては、茶に含まれるEGC、EGCG以外のカテキン類、茶に含まれるアミノ酸、たんぱく質等が挙げられる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2011-005654.GIF
Research field
  • Clinical application of immunotherapeutic agents and blood preparations
Seeds that can be deployed (In Japanese)本発明は、茶由来の成分を含み、優れた免疫賦活作用を有する免疫賦活剤、当該免疫賦活剤の製造方法、及び茶抽出物の免疫賦活力を増進する方法を提供することを目的とする。
本発明では、茶に含まれるカテキン類のエピガロカテキンとエピガロカテキンガレートとの質量比が免疫賦活活性と高い相関を有することを見出し、質量比(エピガロカテキン/エピガロカテキンガレート)が2以上である免疫賦活剤により、体内の免疫機能を充分に高めることができることを見出した。本発明の免疫賦活剤の製造方法は、茶葉から特定の種類のカテキンを特定の質量比で容易に抽出・製造ができる。
Usage Use field (In Japanese)茶抽出免疫賦活薬剤、茶抽出免疫賦活剤の製造方法、茶抽出物の免疫賦活力増進方法
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)物部 真奈美, 山本 万里, . IMMUNOACTIVATOR, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PROMOTING IMMUNOACTIVATING POWER OF TEA EXTRACT. P2011-168579A. Sep 1, 2011
  • A61K  31/353    
  • A61K  31/715    
  • A61K  31/7088   
  • A61K  36/82     
  • A61P  43/00     
  • A61P  37/04     

PAGE TOP