Top > Search Technology seeds > NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Seeds code S130012289
Posted date Jun 10, 2013
Researchers
  • (In Japanese)齋藤 健一
  • (In Japanese)西尾 一志
Name of technology NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)ナノ粒子、およびナノ粒子の製造方法に関する。ナノ粒子10は、炭化水素1と、シリコンナノ粒子2とを備える。炭化水素1は、8個のカーボンが繋がった構造、6個のカーボンが繋がった構造、8個のカーボンと1個の酸素とが繋がった構造、2個のカーボンと1個の酸素とが繋がった構造、および1個のカーボンと1個の酸素とが繋がった構造のいずれかからなる。シリコンナノ粒子2は、炭化水素1のカーボンまたは酸素に接続される。そして、シリコンナノ粒子は、2~3nmの粒径を有する。ナノ粒子の製造方法は、透明体からなる容器にシリコンの粉体および有機溶媒を入れる第1の工程と、シリコンの粉体および有機溶媒の攪拌を開始する第2の工程と、シリコンの粉体および有機溶媒を攪拌しながらパルスレーザをシリコンの粉体に照射する第3の工程とを備える。炭化水素1の具体例は、右端の2個のカーボンが二重結合からなるオクテンである。シリコンナノ粒子2は、直鎖状に繋がった8個のカーボンのうち、右端のカーボンに接続される。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2011-028872.gif
Research field
  • Luminescence of organic compounds
  • Light emitting devices
  • Organosilicon compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)発光強度の強いナノ粒子を提供する。また、発光強度の強いナノ粒子の製造方法を提供する。
ナノ粒子は、従来の超臨界流体中のレーザアブレーションによって製造したシリコンナノ粒子よりも強い強度で発光する。
Usage Use field (In Japanese)ナノ粒子、ナノ粒子製造方法、シリコンナノ粒子、アルコール、フォトルミネッセンス
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) HIROSHIMA UNIVERSITY, . (In Japanese)齋藤 健一, 西尾 一志, . NANOPARTICLE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2012-167175A. Sep 6, 2012
  • C01B  33/02     
  • C09K  11/08     
  • C09K  11/59     
  • B82B   3/00     

PAGE TOP