Top > Quick Search > Search Technology seeds > PHOTODEGRADABLE HETERO DIVALENT CROSS-LINKING AGENT

PHOTODEGRADABLE HETERO DIVALENT CROSS-LINKING AGENT

Seeds code S130012478
Posted date Jun 11, 2013
Researchers
  • (In Japanese)山口 和夫
Name of technology PHOTODEGRADABLE HETERO DIVALENT CROSS-LINKING AGENT
Technology summary (In Japanese)光分解性ヘテロ二価性架橋剤は、リビングラジカル重合の開始基と、反応性基(但し、前記開始基を除く)とが光分解性基を介して連結されてなり、化学式1で表される点に特徴を有する。式中、Iは開始基を表し、Rは反応性基を表し、Dは光分解性基を表し、S1b-S1a及びS2a-S2bはスペーサーを表し、n及びmはそれぞれ独立して0又は1である。光分解性ヘテロ二価性架橋剤は、リビングラジカル重合の開始基を有することを特徴とする。連鎖移動反応及び停止反応などの成長末端を失活させる副反応を伴わないため、重合度は一定のペースで増大し、長さの揃ったポリマーが得られるという特徴を有する。反応性基は、固体基板表面の官能基やポリマーの末端の官能基と結合することができるものであれば特に制限はないが、具体的には、ヒドロキシ基、エチニル基、アジド基、活性エステル基、マレイミド基、加水分解性シリル基等からなる群から選択される少なくとも1種である。光分解性基は、2-ニトロベンジル誘導体骨格を有する二価の光分解性官能基が好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2011-188009.gif
Research field
  • Crosslinking agents and their catalysts
  • Reactions of polymer
  • Reaction of polymers with low molecular weight compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)新規な架橋剤を提供する。
光分解性ヘテロ二価性架橋剤は、リビングラジカル重合の開始基を有するため、当該開始基からポリマーの伸長を行うことができる。また、反応性基を有するために、固体基板表面の官能基との結合が可能である。さらに、光分解性基を有するために、光照射によるパターニングが可能である。
Usage Use field (In Japanese)架橋剤、タンパク質の結合支持体、クロマトグラフィーの支持体、抗バクテリアコート剤、フォトリソグラフィー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人神奈川大学, . (In Japanese)山口 和夫, . PHOTODEGRADABLE HETERO DIVALENT CROSS-LINKING AGENT. P2012-072394A. Apr 12, 2012
  • C08F   2/00     
  • C07F   7/18     
  • C08F 292/00     
  • C08F   8/12     
  • C08F  20/18     

PAGE TOP