Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING COPPER-DOPED TITANIUM OXIDE

METHOD FOR PRODUCING COPPER-DOPED TITANIUM OXIDE

Seeds code S130012484
Posted date Jun 11, 2013
Researchers
  • (In Japanese)錦織 広昌
  • (In Japanese)久保田 智志
  • (In Japanese)田中 伸明
  • (In Japanese)佐藤 隆史
Name of technology METHOD FOR PRODUCING COPPER-DOPED TITANIUM OXIDE
Technology summary (In Japanese)銅ドープ酸化チタンの製造方法は、チタンアルコキシドに銅アルコキシドを加えて調製した溶液を還流処理する工程と、還流処理後の溶液に酸触媒を加えて、銅ドープ酸化チタンの前駆体となるゾル溶液を形成する工程と、ゾル溶液を加熱し、アルコキシドの加水分解と重縮合反応を進行させてゲルとするゲル化工程と、ゲルを蒸留水に浸漬させて加熱し、有機物を除去する水熱処理工程と、水熱処理を施したゲルを焼成し結晶化させて銅ドープ酸化チタンを形成する焼成工程とを備える。チタンアルコキシドとして、チタンテトライソプロポキシドを使用し、銅アルコキシドとして銅イソプロポキシドを使用することが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2011-238260.gif
Research field
  • Inorganic chemicals and inorganic materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)銅ドープ酸化チタンは、酸化チタンの光吸収領域を可視光領域まで拡張し、電子-正孔の再結合を抑制して、光触媒作用の活性化を効果的に向上させるものとして知られている。そこで、酸化チタンに確実に銅をドープすることができ、優れた光触媒作用を備える銅ドープ酸化チタンを製造する方法を提供する。
従来のゾルゲル法の製造方法によって得られる銅ドープ酸化チタンに比べて光触媒作用に優れた銅ドープ酸化チタンを得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)銅ドープ酸化チタン、光触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)錦織 広昌, 久保田 智志, 田中 伸明, 佐藤 隆史, . METHOD FOR PRODUCING COPPER-DOPED TITANIUM OXIDE. P2012-111683A. Jun 14, 2012
  • C01G  23/053    
  • B01J  35/02     
  • B01J  23/72     
  • B01J  37/10     
  • C01G  23/04     

PAGE TOP