Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)フェルラ酸結合型糖質及びその製造方法

(In Japanese)フェルラ酸結合型糖質及びその製造方法

Seeds code S130012487
Posted date Jun 11, 2013
Researchers
  • (In Japanese)佐藤 伸明
  • (In Japanese)高野 陽平
  • (In Japanese)天野 良彦
  • (In Japanese)槇島 聡
Name of technology (In Japanese)フェルラ酸結合型糖質及びその製造方法
Technology summary (In Japanese)ペクチン含有原料に、飽和蒸気圧以上の圧力制御下において、加熱温度160~180℃、加熱時間5~15分の処理条件により水熱処理を施す。とくに、加熱温度160~170℃、加熱時間5~10分とすることにより、フェルラ酸結合型糖質をさらに効率的に得ることができる。また、ペクチン含有原料としてビートファイバーあるいはビートファイバーに類似するペクチン成分を有するビート搾汁粕等の植物細胞壁由来の原料を使用することにより、フェルラ酸結合型糖質としてフェルラ酸結合型アラビノオリゴ糖とフェルラ酸結合型ガラクトオリゴ糖を選択的に得ることができる。とくにペクチン含有原料としてビートファイバーを使用することにより、効率的に製造することができる。ペクチン含有原料には、ビート搾汁粕、みかんジュース粕、リンゴ搾汁粕、落花生粕などの食品工場由来の植物性食品加工残渣を利用することが可能である。ペクチン含有原料に水熱処理を施す際は、飽和蒸気圧以上の圧力0.1~2.0MPaを保ちながら処理することによって、フェルラ酸結合型アラビノオリゴ糖等のフェルラ酸結合型糖質を効率的に得ることができる。
Research field
  • Food manufacture, processing and preserving methods in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ペクチン由来糖質を回収し人体に対してプレバイオティクスの効果を得るためには、フェルラ酸基を温存したまま糖質を回収する意義は大きい。これら糖質を得る従来の方法では、コストが大きく、フェルラ酸基を有するオリゴ糖を工業的に回収する有効な方法がない。本発明は、植物細胞壁を構成するペクチン由来の原料を用いてフェルラ酸基を有するアラビノオリゴ糖あるいはガラクトオリゴ糖等のフェルラ酸結合型糖質の効果的な製造方法およびフェルラ酸結合型糖質を提供する。
従来の酵素処理法に比べて反応が速く、酵素回収や失活プロセスが必要なく、高い基質濃度が得られるため後工程における濃縮プロセスが軽減され、また、酸・アルカリ処理プロセスのような中和・脱塩・精製の各プロセスがないことから、環境への負荷を大幅に低減できる。また、フェルラ酸結合型アラビノオリゴ糖、フェルラ酸結合型ガラクトオリゴ糖は、機能性食品成分として有効に利用することができる。
Usage Use field (In Japanese)フェルラ酸結合型糖質、アラビノオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、機能性食品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)佐藤 伸明, 高野 陽平, 天野 良彦, 槇島 聡, . FERULIC ACID BONDING TYPE SACCHARIDE AND PRODUCTION METHOD THEREFOR. P2012-187099A. Oct 4, 2012
  • C13K  13/00     
  • C08B  37/00     
  • C07H   3/06     

PAGE TOP