Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)海水中の特定成分の回収装置

(In Japanese)海水中の特定成分の回収装置

Seeds code S022000295
Posted date May 26, 2003
Researchers
  • (In Japanese)信川 壽
Affiliation
  • (In Japanese)広島大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)広島大学 工学部
Name of technology (In Japanese)海水中の特定成分の回収装置
Technology summary (In Japanese)吸着床タンク底部に逆止弁をもつ取水管を配列し、取水管はタンク側部の海水取水口に通じ、タンク底部に積層された吸着剤に海水を透過させる。吸着剤積層上部に透過して溜まった海水をオーバーフロ-ゲート越しに排水タンクに移し、ポンプで排水して吸着剤と取水管から流入する新鮮な海水に連続して接触させて海水中の特定成分を吸着剤に吸着回収する。
Drawing

※Click image to enlarge.

S022000295_01SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)吸着剤を海中に固定させて、海流が吸着剤に自然接触させることにより特定成分を回収する。
Research field
  • Nuclear fuel in general
  • Adsorption, ion exchange
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)タンク内での海水中特定成分の回収
(2)海水と吸着剤の効率的接触
(3)動力エネルギをできるだけ抑えた海水流れの効率的循環装置
Usage Use field (In Japanese)海水中ウラン・リチウム回収、採取システム
海水からの特定成分吸着・回収
Published papers related (In Japanese)(1)斎藤公男, 信川寿, 高木憲夫, 榎本正芳, 早見淳志. 海水リチウム吸着システムについて火力発電所冷却排水の利用. 日本海水学会年会研究技術発表会講演要旨集. vol.53rd,2002,p.29‐30.
(2)信川寿, 高木憲夫, 苑田晃成, 広津孝弘. バージ船によるポンプ流動式海水ウラン採取システムについて. 日本海水学会誌. vol.55,no.3,2001,p.166‐174.
(3)高木憲夫, 苑田晃成, 広津孝弘, 信川寿. バージ船によるポンプ流動式海水ウラン採取システムについて. 日本海水学会年会研究技術発表会講演要旨集. vol.51st,2000,p.69‐72.
(4)信川寿, 北村充, ZHOU G, 小田薫, 大井健太. 海水中に溶存するリチウム採取システムについて. 日本造船学会論文集. no.183,1998,p.309‐313.
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人広島大学, . (In Japanese)信川 寿, . APPARATUS FOR RECOVERING SPECIFIC COMPONENT IN SEA WATER. P2001-348628A. Dec 18, 2001
  • C22B  26/12     
  • B01D  15/00     
  • C22B  60/02     

PAGE TOP