Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)地域環境騒音の計測・心理評価の方法及び装置

(In Japanese)地域環境騒音の計測・心理評価の方法及び装置

Seeds code S032000258
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)安藤 四一
Affiliation
  • (In Japanese)神戸大学
Research organization
  • (In Japanese)神戸大学
Name of technology (In Japanese)地域環境騒音の計測・心理評価の方法及び装置
Technology summary (In Japanese)人間の聴覚一大脳系のモデルに心理的反応を的確に把握でき新しい騒音の計測システムである。現在でも騒音レベルとその周波数特性の計測を主体とした騒音計が製品として流通している。しかし音の心理的な反応を充分に説明できるものではない。 本発明は音の4要素(ラウドネス、ピッチ、音色、今回新たに音の時間感覚を導入)や音場の空間的要素(方向間、拡がり感、音源の見かけの幅)を明確に予測できるシステムである。従って、これまで不可能とされてきたあらゆる心理的反応を的確に把握できる可能性が極めて高い。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)(1)従来は騒音レベルとその周波数特性の計測のみを主体とした騒音計である。
(2)競合技術は現在提案されていない。
Research field
  • Noise and vibration in general
  • Auditory sense and voice models
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)地域環境騒音のバイノーラル計測装置
(2)空間的な心理評価に好適な方法
(3)騒音源の同定装置
Usage Use field (In Japanese)航空機騒音の自動計測と同定
騒音影響の調査研究 楽器の音色評価・調律
騒音計測と評価。
Published papers related (In Japanese)(1)安藤四一. 地域環境騒音の計測・心理評価システム (科学技術振興事業団S). 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業研究報告会-進展する第三の科学技術. 2000,p.82-83.
(2)安藤四一. 環境・安全分野の研究開発終了報告書 地域環境騒音の計測・心理評価システム(科学技術振興事業団S). 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(短期集中型)研究開発終了報告書. 2000,p.273-280.
(3)北村俊裕, 安藤四一, 佐藤伸一. 帯域ノイズのバンド幅(フィルダースロープ:2068 dB/octave)とラウドネスの関係中心周波数2kHzの場合. 日本建築学会学術講演梗概集D-1 環境工学1. Vol.2000,2000,p.221-222.
(4)安藤四一. 環境評価の諸問題と新しい話題 主観評価と脳波・脈波との関係. 日本建築学会環境工学委員会熱環境小委員会熱シンポジウム. Vol.23rd,1993,p.77-86.
(5)佐藤伸一, 山下正則, 安藤四一. 音場の聴取音圧レベル(LL)と両耳間相互相関度(IACC)を同時に変化させたときの頭頂部緩反応(SVR)の解析. 日本建築学会学術講演梗概集D-1 環境工学1. Vol.1999,1999,p.843-844.
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人神戸大学, . (In Japanese)安藤 四一, 酒井 博之, . MEASUREMENT AND PSYCHOLOGICAL EVALUATION METHOD AND DEVICE OF REGIONAL ENVIRONMENT NOISE. P2002-062186A. Feb 28, 2002
  • G01H   3/00     
  • G01M  19/00     
  • G10L  15/10     
  • G10L101:14      

PAGE TOP