Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)植物において脂肪酸合成を促進させる方法

(In Japanese)植物において脂肪酸合成を促進させる方法

Seeds code S032000265
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)横田 明穂
Affiliation
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Research organization
  • (In Japanese)奈良先端科学技術大学院大学
Name of technology (In Japanese)植物において脂肪酸合成を促進させる方法
Technology summary (In Japanese)植物の脂質合成において、重要な律速酵素がアセチルCoAカルボキシラーゼである。この酵素は核ゲノムにその遺伝子がコードされたサブユニットと葉緑体ゲノムに遺伝子がコードされているサブユニットから構成されている。本方法は葉緑体ゲノムに高発現プロモーターであるrrnプロモーターをリーダーにβサブユニット遺伝子を導入し、脂肪合成の向上を狙ったものである。この手法により葉の脂質含量が10%、種子数が野生株に比べ上昇した。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)核ゲノムに他のサブユニットを導入することで生産性拡大を狙った報告があるが効果は大きいものではなかった。
Research field
  • Gene manipulation
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)葉緑体遺伝子操作による脂肪合成酵素活性の上昇する植物体
(2)葉の脂肪含量の増加する植物体
(3)種子数の増加等生産性の拡大する方法
Usage Use field (In Japanese)脂肪酸合成を促進させるための方法
植物油脂生産への利用(生産性拡大)
Published papers related (In Japanese)(1)横田明穂. 食資源研究の展望 葉緑体工学による食資源の確保と増産を目指して. 学術月報. Vol.54,no.5,2001,p.488-492.
(2)横田明穂. 資源エネルギーと植物バイオテクノロジー. 日本生物工学会シンポジウム講演要旨集. Vol.2000,2000,p.21-24.
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学, . (In Japanese)佐々木 幸子, 横田 明穂, 円 由香, . METHOD FOR PROMOTING FATTY ACID SYNTHESIS IN PLANT. P2002-335786A. Nov 26, 2002
  • A01H   5/00     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP