Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)高飽和磁化および良好な軟磁気特性を有するFe基非晶質合金

(In Japanese)高飽和磁化および良好な軟磁気特性を有するFe基非晶質合金

Seeds code S032000411
Posted date Oct 1, 2003
Researchers
  • (In Japanese)井上 明久
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学 金属材料研究所
Research organization
  • (In Japanese)東北大学 金属材料研究所
Name of technology (In Japanese)高飽和磁化および良好な軟磁気特性を有するFe基非晶質合金
Technology summary (In Japanese)大きなガラス形成能、優れた加工性、高い飽和磁化および良好な軟磁性特性を有するFe基非晶質合金の開発 飽和磁化:Bs≧1.2T 保磁力:Hc≦15A/m 磁歪定数:λs≦30×10-6 透磁率:μe≧8000(IKZz)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来のFe基非晶質合金は良好は軟磁気特性を有しているが、非晶質形成能が低く液体急冷法による薄帯状、粉末状、細線状しか得られていなく、最終製品形状へ加工することが困難であった。
Research field
  • Structure of amorphous metals
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)大きなガラス形成能、優れた加工性、高い飽和磁化および良好な難治性特性を兼備したFe基非晶質合金
Usage Use field (In Japanese)磁気ヘッド材、トランス材等軟磁気特性を必要とする部材一般
Published papers related (In Japanese)(1)沈宝龍, 井上明久. Co-Fe-Si-B-Nbバルクガラス合金の作製と軟磁気特性. 日本金属学会講演概要. Vol.132nd,2003,p.240.
(2)沈宝龍, 井上明久. 1.5Tの高飽和磁化を持つFe-Si-B-M(M=Zr,Nb)バルクガラス合金の作製と軟磁気特性. 日本金属学会講演概要. Vol.131st,2002,p.442.
(3)沈宝龍, 木村久道, 井上明久. 高いガラス形成能と良好な軟磁気特性を持つバルクガラスFe-Co-Ga-P-C-B合金. 粉体粉末冶金協会講演概要集. Vol.2002,春季,2002,p.218.
(4)沈宝龍, 福村弘明, 木村久道, 井上明久, 水嶋隆夫. Fe-Ga-(P,C,B,Si)系バルクガラス合金の高ガラス形成能と良好な軟磁気特性. 日本金属学会講演概要. Vol.130th,2002,p.361.
(5)吉田昌二, 水嶋隆夫, 牧野彰宏, 井上明久. Fe-半金属系アモルファス合金厚板材の磁気特性. 電気学会論文誌 A. Vol.119-A,no.10,1999,p.1255-1260.
Research project
  • Exploratory Research for Advanced Technology;INOUE Superliquid Class
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)井上 明久, 張 偉, . Fe-BASE AMORPHOUS ALLOY HAVING HIGH SATURATION MAGNETIZATION AND EXCELLENT SOFT MAGNETIC PROPERTY. P2002-105607A. Apr 10, 2002
  • C22C  45/02     
  • H01F   1/153    

PAGE TOP