Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)海洋微生物が産生のタンパク質溶解性及び原油分解性バイオサーファクタント

(In Japanese)海洋微生物が産生のタンパク質溶解性及び原油分解性バイオサーファクタント

Seeds code S040000215
Posted date Aug 25, 2006
Researchers
  • (In Japanese)河合 富佐子
Affiliation
  • (In Japanese)岡山大学 資源生物科学研究所
Research organization
  • (In Japanese)岡山大学 資源生物科学研究所
Name of technology (In Japanese)海洋微生物が産生のタンパク質溶解性及び原油分解性バイオサーファクタント
Technology summary (In Japanese)本技術は原油分解能を有する海洋微生物の産生する原油乳化能、溶血性、タン白質溶解性などの特徴を有する物質の生産に関するものである。海洋微生物の塩分存在下でも生育可能であり、産生される物質も塩分存在下で乳化能を示す。このような性質は様々な成分を含む廃液漕などの洗浄用や疎水性物質の分解を促す環境バイオレメディエーションに適していると思われる。食品廃液などを培養液として利用して生産コストを下げることも可能であり、廃液の有効利用にもなる。医療用への応用も可能である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)生分解が低く、毒性が懸念される合成洗剤とは異なり、環境に与える負荷が低く、使用量もより低い濃度で効果を発揮する。
Research field
  • Wastewater treatment
  • Wastewater treatment and disposal
  • Microorganism inoculation and culture methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)原油をはじめとする疎水性物質の溶解能とタン白質溶解、溶血性
(2)培養液から精製物まで様々な段階の使用が可能
(3)食品廃液の利用が可能
Usage Use field (In Japanese)原油汚染のバイオレメディエーション
油、タン白質、血液などの汚れの洗浄
油、タン白質、血液などの化粧品や衛生用品への応用
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 岡山大学, . (In Japanese)河合 富佐子, 杉本 学, . ACID-AND-ALUMINUM-RESISTANT FUNGUS. P2001-224358A. Aug 21, 2001
  • C12N   1/14     
  • C12N   1/00     
  • C12N   1/16     
  • C12R   1/67     
  • C12R   1/80     
  • C12R   1/885    
  • C12R   1/645    

PAGE TOP