Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)水素吸蔵材料とその製造方法

(In Japanese)水素吸蔵材料とその製造方法

Seeds code S040000307
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)斎藤 秀俊
Affiliation
  • (In Japanese)長岡技術科学大学
Research organization
  • (In Japanese)長岡技術科学大学
Name of technology (In Japanese)水素吸蔵材料とその製造方法
Technology summary (In Japanese)本発明では、アモルファスおよび多結晶水素化窒化炭素からなる水素吸蔵材料とその製造方法を提供する。アモルファスおよび多結晶水素化窒化炭素からなる水素吸蔵材料は窒素組成が5原子%以上でさらに水素終端構造を有する。さらに10MPaの水素加圧によって室温では0.5wt%以上の水素を吸収し、さらに液体窒素温度では1wt%以上の水素を吸収する。加圧後に常圧に戻すことにより材料内部に残留する水素は室温で0.3wt%以上で、液体窒素温度では0.5wt%以上である。また該材料の製造方法を提供する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来例として、水素吸蔵合金材料が挙げられる。この装置は機能性酸化物膜を耐熱素材上に効率よく合成できる。 しかしながら非耐熱素材上には機能性酸化物薄膜を合成することができなかった。
Research field
  • Metallography
  • Structure of amorphous metals
  • Thin films of other inorganic compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)重要百分率で大きな水素吸蔵量を示すことができる材料
(2)低コストで水素吸蔵材料を製造する方法
Usage Use field (In Japanese)水素吸蔵器
水素電池
水素センサー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学, . (In Japanese)斎藤 秀俊, 伊藤 治彦, 大塩 茂夫, 大河原 吉明, 赤坂 大樹, . MATERIAL FOR REVERSIBLY STORING AND RELEASING HYDROGEN AND HYDROGEN STORAGE APPARATUS PACKED WITH THE SAME. P2003-277026A. Oct 2, 2003
  • C01B   3/00     
  • C01B  21/082    

PAGE TOP