Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法

(In Japanese)フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法

Seeds code S040000308
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)時田 澄男
Affiliation
  • (In Japanese)埼玉大学 工学部応用化学科
Research organization
  • (In Japanese)埼玉大学 工学部応用化学科
Name of technology (In Japanese)フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法
Technology summary (In Japanese)放射線の照射によって発色するフェノキサジン系化合物を含有するカラーフォーマー、または放射線検出ラベルを使用して、放射線の照射による発色、または変色を目視で確認することを特徴とする放射線検出方法。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来の放射線検出色素の高感度なものは、酸発生剤を用いた2成分系がほとんどであり、製品化に考慮すべき点が多い。単独で発色する色素化合物であるジアリールエテン類では光退色がおこる。
Research field
  • Radiation detection and detectors
  • Radiation‐chemical reactions
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)放射線照射により分解して発色する反応機構を応用する技術
(2)単一成分のため、ラベル作成が容易な方法
(3)比較的高感度な方法
Usage Use field (In Japanese)放射線利用施設での作業者の被爆管理
放射線が照射される製品管理
放射線写真用フィルム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人埼玉大学, . (In Japanese)時田 澄男, 太刀川 達也, . PHENOXAZINE-BASED COMPOUND AND METHOD FOR DETECTING RADIAL RAY. P2003-277368A. Oct 2, 2003
  • C07D 265/38     
  • C09K   9/02     
  • G01T   1/04     

PAGE TOP