Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)波長選択性太陽光吸収材料

(In Japanese)波長選択性太陽光吸収材料 meetings

Seeds code S040000335
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)湯上 浩雄
Affiliation
  • (In Japanese)東北大学
Research organization
  • (In Japanese)東北大学
Name of technology (In Japanese)波長選択性太陽光吸収材料 meetings
Technology summary (In Japanese)材料の表面に光と同程度の周期を有する微細構造を作製する事により、材料の光学特性を変化させることができる。本特許では、太陽光選択吸収材料として用いるために最適な表面形状をシミュレーションにより検討し決定した。実施例として、材料表面に太陽光と同程度の周期を持つ微細構造を作製する事により、太陽スペクトル分布に対応した急峻な放射率変化をもつ波長選択性太陽光吸収材料を開発できた。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)波長選択性太陽光吸収材料で最も一般的なのは、ブラッククロムなどの酸化物の物性を使ったものである。コスト的に安いが、高温での耐性がなく、かつ放射率の波長変化が急峻でないため、給湯などの低温熱利用でのみ使用可能である。誘電体多層膜の例も有るが、この場合も耐熱性が低い。表面にランダムな構造体を作成することにより選択的な太陽光吸収材料を実現した例があるが、その構造は周期性が無く、光の波長より十分大きいため、単に光の乱反射を用いることにより太陽光吸収を実現している。
Research field
  • Optical properties of condensed matter in general
  • Radiation, atmospheric optics
  • Surface treatment
  • Solar energy
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)材料物性に依存しない表面形状デザインにより制御可能な熱放射特性
(2)耐熱性のある太陽光吸収材料
(3)宇宙機器への応用などが期待され製作可能なコンパクトな高温太陽受熱器
Usage Use field (In Japanese)太陽熱発電や太陽熱給湯を行う太陽エネルギー利用産業分野
宇宙環境での熱利用機器
Published papers related (In Japanese)(1)斎均, 湯上浩雄, 金森義明, 羽根一博. サブミクロン周期の表面微細構造を有する太陽光選択吸収材料の研究. 日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会講演論文集. vol.2001,2001,p.383-386.
(2)斎均, 湯上浩雄, 金森義明. 表面微細構造を利用した
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人東北大学, . (In Japanese)湯上 浩雄, 齋 均, . WAVELENGTH SELECTIVE SOLAR LIGHT ABSORBING MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2003-332607A. Nov 21, 2003
  • H01L  31/042    

PAGE TOP