Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)アセチルカルニチントランスポーター活性化因子

(In Japanese)アセチルカルニチントランスポーター活性化因子

Seeds code S040000360
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)三輪 聡一
Affiliation
  • (In Japanese)北海道大学
Research organization
  • (In Japanese)北海道大学
Name of technology (In Japanese)アセチルカルニチントランスポーター活性化因子
Technology summary (In Japanese)本発明は、エネルギー代謝や神経伝達物質生合成に重要なカルニチン(C)あるいはアセチルカルニチン(AC)の、有機性陽イオン輸送分子(OCTN2)を介した細胞内への輸送を増強する新規タンパク質をコードする遺伝子に関する。本発明は、カルニチン欠乏症や慢性疲労症候群を治療する新しい手段を提供する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)CやACの細胞内への輸送が低下しているC欠乏症や慢性疲労症候群では、OCTN2活性の調節機構が不明であるため、OCTN2を標的にした医薬品開発の障害となっていた。
Research field
  • Structure and chemistry of genes
  • Transport of cell membrane
  • Drugs acting on metabolism in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)一本鎖の塩基配列(全長2928塩基)で146アミノ酸から成るタンパク質をコードする遺伝子
(2)培養細胞に遺伝子導入するとOCTN2によるC及びACの輸送が増大する塩基配列
(3)OCTN2の内在性調節因子
Usage Use field (In Japanese)医療分野:C(カルニチン)欠乏症の治療
医療分野:慢性疲労症候群の治療
健康食品:疲労回復剤の開発
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 北海道大学, . (In Japanese)三輪 聡一, 滝川 修, 長井 和彦, . POLYPEPTIDE HAVING TRANSPORTATION ACTIVITY AND GENE ENCODING THE SAME. P2004-008055A. Jan 15, 2004
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/47     

PAGE TOP