Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)光プローブ先端に波長以下の微小領域に分布する光を発生させるプローブ先端構造の発明

(In Japanese)光プローブ先端に波長以下の微小領域に分布する光を発生させるプローブ先端構造の発明

Seeds code S040000430
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)田中 嘉津夫
Affiliation
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Name of technology (In Japanese)光プローブ先端に波長以下の微小領域に分布する光を発生させるプローブ先端構造の発明
Technology summary (In Japanese)金属表面に開けた微小開口の表面に励起される表面プラズモンを利用することにより、大きな強度を持ち、極めて小さな光分布(スポットサイズ)を持つ光を作成することができる。この性質を持つ光を作成する方法として極めて簡単な方法を開発した。さらに、多くの分野に応用できることを発見した。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)表面プラズモンを利用した応用技術は少なく、競合技術の存在も不明。
Research field
  • Solid‐state plasmas
  • Electronic recording, magnetic recording, optical recording
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)表面プラズモンを応用した極めて基本的な発明である近接場光発生プローブ
(2)高強度で小スポットの近接場光
(3)簡単な技術、構造で実現可能なプローブ光
Usage Use field (In Japanese)近接場顕微鏡
近接場光ディスクシステム
半導体リソグラフィー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)田中 嘉津夫, 田中 雅宏, . OPTICAL WAVEGUIDE DEVICE. P2004-109965A. Apr 8, 2004
  • G02B   6/00     
  • G01N  13/10     
  • G01N  13/14     
  • G11B   7/135    
  • H01L  21/027    

PAGE TOP