Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)切削工具刃先の丸み形状非破壊測定システム

(In Japanese)切削工具刃先の丸み形状非破壊測定システム

Seeds code S040000456
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)桑原 稔
Affiliation
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Name of technology (In Japanese)切削工具刃先の丸み形状非破壊測定システム
Technology summary (In Japanese)本発明は刃物の性能を知る上で、刃先尖端の形状を知ることが重要であることがわかっている。各種刃物の刃先尖端について、すべりのよいレバーでなぞって、そのなぞりの角度から、直線の方程式を求め、直線の方程式の原点を刃先先端部に座標移動をさせる。座標移動に伴って、一つの座標軸上にプロットすることによって、刃物尖端、特に小刃体部の形がシルエットのようにグラフ上に描かれ、この図から刃先の形を推測するものである。レバーの角度、すなわち直線の方程式の勾配がロータリーエンコーダーによりかなりの精度で測定可能であることから、実現できるようになった。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)シュリーレンを利用した形状測定装置がやや類似したものであるが、その他には競合するものがほとんどない。
Research field
  • Measuring methods and instruments of length, area, cross section, volume, angle
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)装置の容量が小さく、小型に製作可能であり、オンラインに適合するシステム
(2)高精度、高分解能である測定システム
(3)IT技術により分解能および精度の向上が望め、全自動化が可能であるシステム
(4)非破壊的に誰でも簡単に測定ができる方法
Usage Use field (In Japanese)刃物を製作する業界に、包丁、ハサミ、ドリル、バイト、チップ等の製作に
物体の形状測定装置として測定器業界
形状の評価システムとして組み込むことができる
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)桑原 稔, 藤井 洋, インガ スキアドライテ, 加藤 隆雄, . SHAPE MEASURING SYSTEM OF OBJECT TO BE EXAMINED AND SHAPE MEASURING METHOD FOR THE OBJECT TO BE EXAMINED. P2004-251788A. Sep 9, 2004
  • G01B   5/20     

PAGE TOP