Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)新規なアルキニルS,N-アセタール誘導体とそれらの製造法

(In Japanese)新規なアルキニルS,N-アセタール誘導体とそれらの製造法

Seeds code S040000457
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)村井 利昭
Affiliation
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Name of technology (In Japanese)新規なアルキニルS,N-アセタール誘導体とそれらの製造法
Technology summary (In Japanese)イオウ原子、窒素原子さらにアルキニル基を同じ炭素上に有する新規なアルキニルS,N-アセタールを市販の有機化合物の組み合わせで高い効率で製造できる方法を開発した。すなわちチオホルムアミドに対するアルキル化剤、アルキニル金属反応剤の付加反応でそれらを導くことができた。またアルキニルS,N-アセタールは、空気中において、室温では安定な化合物として取扱うことができることも明らかにした。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)今回、製造された誘導体は、すべて新規な化合物であり、他の例はない。
Research field
  • Alkynes
  • Aliphatic ketones
  • Organic reactions in general
  • Synthesis of drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)これまで前例のない製造法を確立しているアルキニルS、N-アセタール
(2)市販の原料を用いた製造法であるため、多くの誘導体を製造することが可能なアルキニルS、N-アセタール
(3)反応は、室温付近で進行するため、過熱冷却の装置は不要であるアルキニルS、N-アセタール
Usage Use field (In Japanese)有機合成化学
化成品
農薬、医薬品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)村井 利昭, 武藤 雄一郎, . ALKNYL S,N-ACETAL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2004-256400A. Sep 16, 2004
  • C07C 323/27     
  • C07C 319/14     
  • C07C 323/29     
  • C07F   7/10     

PAGE TOP