Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)タンパク質の部位指定修飾法

(In Japanese)タンパク質の部位指定修飾法

Seeds code S040000467
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)西川 一八
Affiliation
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Name of technology (In Japanese)タンパク質の部位指定修飾法
Technology summary (In Japanese)タンパク質中の任意のアミノ酸部位を指定して、通常タンパク質の材料とはならない非標準型アミノ酸(通常のタンパク質に含まれない官能基を持つアミノ酸、例えば3-azido-tyrosine)をこの部位に導入する。azido基と選択的に反応する有機化合物(トリアリルフォスフィン誘導体)と3-azido-tyrosineを含むタンパク質を反応させる。例として蛍光性トリアリルフォスフィン誘導体を用いれば、タンパク質に導入した3-azido-tyrosine選択的に蛍光標識することができる。トリアリルフォスフィン誘導体の種類を変えることにより様々な有用物質をタンパク質の部位を指定して導入することが可能である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)タンパク質のカルボキシ末端にピューロマイシン誘導体を利用して蛍光標識を導入する技術等。
Research field
  • Biochemical analytical methods
  • Molecular structure
  • Aromatic monocyclic hydroxylamines, hydrazines and other compounds
  • Aliphatic hydroxylamines, hydrazines and other polynitrogen compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)タンパク質へ部位を指定して非標準型アミノ酸を導入する方法
(2)導入した非標準型アミノ酸特有の官能基を選択的に化学修飾する方法
(3)タンパク質へ部位を指定して任意の修飾が導入できる方法
Usage Use field (In Japanese)ゲノム情報を活用した画期的新薬やバイオマーカーの開発等の医療関連分野
プロテインチップとその解析機器の開発、情報処理解析技術開発等関連分野
タンパク質相互作用解析等バイオ産業基礎分野
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)西川 一八, 鈴木 正昭, 横川 隆志, 細谷 孝充, 大野 敏, . NON-NATURAL PROTEIN, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, METHOD FOR IMMOBILIZING THE SAME AND KIT OF THE SAME. P2004-261160A. Sep 24, 2004
  • C12N  15/09     
  • C12P  21/02     
  • C07K  14/00     
  • C07K  17/08     

PAGE TOP