Top > Search Technology seeds > (In Japanese)触媒組成物、その調製方法及びそれを用いるアルカンの異性化反応

(In Japanese)触媒組成物、その調製方法及びそれを用いるアルカンの異性化反応

Seeds code S040000486
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)杉 義弘
Affiliation
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Research organization
  • (In Japanese)岐阜大学 工学部
Name of technology (In Japanese)触媒組成物、その調製方法及びそれを用いるアルカンの異性化反応
Technology summary (In Japanese)本発明は、セリアを含むベータゼオライトからなる触媒組成物、その調製法及びアルカンの異性化反応への適用に関するものである。本発明に先行する技術としてはベータゼオライトが既に公知であるが、反応中における炭素析出が激しいために、活性低下が著しくかつ触媒寿命が短い欠点があった。本発明においてはこの欠点のない触媒組成物の検討を行ったところ、ベータゼオライト合成時にセリウム化合物を共存させることにより調製した触媒組成物が、アルカンの異性化反応に高い活性を示し、ベータゼオライト及びセリア担持ベータゼオライトに比べ活性劣化が抑制でき長期間にわたり高い触媒活性を維持させることが可能となる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来本反応における触媒としては、修飾H-ZSM-5、ベータなどのゼオライトの適用が検討されてきた。しかし、ZSM-5では、クラッキング抑制が課題であり、ベータでは、炭素質の生成による活性劣化が激しいために、全く新しい概念に基づく触媒への期待が大きかった。
Research field
  • Catalytic process
  • Carbon and its compounds
  • Purification of gaseous fuels
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)炭素析出が抑制できる触媒製造技術
(2)触媒寿命の長期化が可能となる方法
(3)高活性が実現できる触媒製造方法
Usage Use field (In Japanese)石油精製における高オクタン価ガソリンの製造
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)杉 義弘, 窪田 好浩, 西村 陽一, プスパラツ, . CATALYST COMPOSITION FOR ISOMERIZING n-PARAFFIN AND METHOD OF ISOMERIZING n-PARAFFIN. P2004-267945A. Sep 30, 2004
  • B01J  29/70     
  • C10G  35/095    

PAGE TOP