Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)ワムシの冷蔵保存方法

(In Japanese)ワムシの冷蔵保存方法

Seeds code S040000490
Posted date Sep 1, 2006
Researchers
  • (In Japanese)萩原 篤志
Affiliation
  • (In Japanese)長崎大学
Research organization
  • (In Japanese)長崎大学
Name of technology (In Japanese)ワムシの冷蔵保存方法
Technology summary (In Japanese)有用魚介類の種苗生産業で、初期餌料生物(ふ化したばかりの仔魚に与えるエサ生物)として汎用されるワムシを冷蔵下で短期間(10-30日)保存することを可能にする技術開発である
Outline of related art and contending technology (In Japanese)ワムシ培養の好調時に、余剰のワムシを冷蔵庫内(L型ワムシは4°C、S型、ワムシは12°Cが適正保存温度)で保存しておく手法は、既に実験室レベルで試されているが、低温移行前に15°C下で馴化したり、保存途中の水換えを行ったりする必要がある。これらの煩雑な処理を施さないと保存後の生残が安定的に高い値を示さない。このことがリスクとなって,産業化に対する妨げになってきた。
Research field
  • Feeds
Seeds that can be deployed (In Japanese)(1)ワムシが計画通り培養できるかどうかが、有用魚介類の種苗生産の成否を左右しているが、この技術開発に基づくワムシの供給体制を確立
Usage Use field (In Japanese)水産分野:種苗生産用餌料生物の供給
環境分野、教育分野:毒性評価用試験生物の輸送
娯楽産業分野:ホビー産業としての水生動物の幼生飼育用餌料の供給
Published papers related (In Japanese)(1)門田洋二, 萩原篤志, 日野明徳. 耐久卵ふ化ワムシの餌料条件と世代経過に伴う両性生殖誘導頻度. 日本水産学会大会講演要旨集. vol.2000,2000,p.45.
(2)吉村研治, 臼杵考志, 吉松隆夫, 萩原篤志. クロレラおよびワムシの遠沈容積に及ぼす塩分の影響. 水産増殖. vol.45,n
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長崎大学, . (In Japanese)萩原 篤志, マビット アッサワアリー, 井出 健太郎, . METHOD FOR KEEPING ROTIFER IN COLD STORAGE. P2002-306089A. Oct 22, 2002
  • A23K  1/18    102
  • A23K  1/10      

PAGE TOP