Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)水中ナザロフ型反応方法

(In Japanese)水中ナザロフ型反応方法

Seeds code S080000004
Posted date May 19, 2008
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学系研究科有機反応化学教室
  • (In Japanese)和光純薬工業東京研究所内科学技術振興機構プロセスサイエンス研究室
Name of technology (In Japanese)水中ナザロフ型反応方法
Technology summary (In Japanese)本発明が解決しようとする課題:ルイス酸-界面活性剤一体型触媒を用いる水溶媒中でのナザロフ型反応
本発明の概要:ルイス酸-界面活性剤一体型触媒を用い、2-オキソ-1,4-ペンタジニエル-3-オン化合物のナザロフ反応を水溶媒中で行うと、有機溶媒中で反応を行った場合とは異なる反応経路を通り、α-ジケトン化合物を選択的に与える。すなわち、反応中間体であるペンタジニエルカチオンに対して溶媒として用いた水が反応することによって対応するα-ジケトンが生成する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来のナザロフ反応においては有機溶媒を用い、アルゴンや窒素のような不活性ガス存在下、モレキュラーシーブスのような脱水剤を用いることで極限まで酸素、水を取り除いて反応を行う必要があった。さらに、有機溶媒中の反応ではシクロペンテノン化合物のみが合成可能であり、今回の発明のようにα-ジケトン化合物を合成することは不可能であった。
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Usage Use field (In Japanese)化学工業全般
ファインケミカル
Research progress (In Japanese)研究進捗状況:基礎研究段階
研究実施状況:継続中
Potentially provide a sample freebie (In Japanese)サンプル提供:不可
技術指導:可
Published papers related (In Japanese)日本化学会88春季年会講演会講演予稿集(3月12日Web公開)
Research project
  • Exploratory Research for Advanced Technology;KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 小久保 雅也, . METHOD FOR PRODUCING CYCLIC α-HYDROXY-α,β-UNSATURATED KETONE COMPOUND AND CYCLOPENTENONE COMPOUND. P2009-215204A. Sep 24, 2009
  • C07C  45/60     
  • C07C  49/707    
  • C07C  49/733    
  • C07C  49/747    
  • C07D 311/58     
  • C07D 319/14     
  • C07C  45/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP