Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)アリル化反応方法

(In Japanese)アリル化反応方法

Seeds code S080000007
Posted date May 23, 2008
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学系研究科有機反応化学教室
  • (In Japanese)和光純薬工業東京研究所内科学技術振興機構プロセスサイエンス研究室
Name of technology (In Japanese)アリル化反応方法
Technology summary (In Japanese)本発明が解決しようとする課題:触媒量のインジウム触媒存在下、温和な条件でケトンおよびアシルヒドラゾンのアリル化を実現する。
本発明の概要:インジウム触媒を用いるアリル化反応では従来、インジウムの量は化学量論量以上必要であったが、本発明において触媒量のインジウム触媒でケトンおよびアシルヒドラゾンのアリル化を円滑に進行させることに成功した。本反応系は温和な条件下で行われ、水もしくは有機溶媒中において、高い基質一般性で反応が進行する。また、本条件下では種々の官能基が共存可能である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)従来のアリル化においては、一部の例外を除いては、基質一般性が低く、スズなどの一つもしくは複数の毒性を有する金属を量論量以上必要とし、さらにはインジウムも量論量以上必要とした。近年、銅や銀のルイス酸触媒を用いるケトンのアリル化が開発され、またキラルルイス酸やキラルブレンステッド酸を用いる例も報告されている。しかしながら一般に基質一般性は低かった。
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Usage Use field (In Japanese)化学工業全般
ファインケミカル
Research progress (In Japanese)研究進捗状況:基礎研究段階
研究実施状況:継続中
Potentially provide a sample freebie (In Japanese)サンプル提供:不可
技術指導:可
Published papers related (In Japanese)Org. Lett (2月1日Web公開予定)
Research project
  • Exploratory Research for Advanced Technology;KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, ウーベ シュナイダー, 上野 雅晴, . METHOD FOR PRODUCING HOMOALLYL ALCOHOL OR HOMOALLYL HYDRAZIDE. P2008-255093A. Oct 23, 2008
  • C07C  29/38     
  • C07C  33/03     
  • C07C  33/30     
  • C07C  37/20     
  • C07C  39/19     
  • C07C  33/48     
  • C07C 213/00     
  • C07C 215/68     
  • C07C 201/12     
  • C07C 205/19     
  • C07C  33/28     
  • C07C  41/30     
  • C07C  43/23     
  • C07C  35/32     
  • C07C  35/36     
  • C07C  35/17     
  • C07C  35/21     
  • C07C  35/18     
  • C07D 213/30     
  • C07D 307/42     
  • C07D 333/16     
  • C07D 209/38     
  • C07C 241/04     
  • C07C 243/38     
  • C07F   7/18     
  • C07D 213/42     
  • C07B  41/02     
  • C07B  43/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP