Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)マイクロリアクターを用いる酸化反応方法

(In Japanese)マイクロリアクターを用いる酸化反応方法

Seeds code S080000016
Posted date May 23, 2008
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
Affiliation
  • (In Japanese)東京大学大学院理学系研究科
Research organization
  • (In Japanese)東京大学大学院薬学系研究科有機反応化学教室
  • (In Japanese)和光純薬工業東京研究所内科学技術振興機構プロセスサイエンス研究室
Name of technology (In Japanese)マイクロリアクターを用いる酸化反応方法
Technology summary (In Japanese)本発明が解決しようとする課題:マイクロリアクターを用いるアルコール酸化反応
本発明の概要:助触媒や共酸化剤を用いること無く酸素ガス若しくは空気によりアルコールから対応するケトン若しくはアルデヒドを高効率に合成することのできるマイクロリアクター(キャピラリーリアクター)およびマイクロリアクターへの金触媒の固定化法。さらに、上記手法により調製されたマイクロリアクターを用いるアルコールの酸化反応。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)これまでに、金担持型マイクロチャネルリアクターを用いたアルコールの酸化反応の報告は見当たらないが、Valiyaveettilらによって、マイクロキャピラリー内部に海綿状多孔質の金触媒が担持され、本キャピラリーを用いたグルコースの酸化反応が報告されている。この場合、原料の送液方法として電気浸透流方式が採用されているため、適用可能な基質が制限される懸念がある。
Research field
  • Nobel metal catalysts
  • Chemical equipment in general
Usage Use field (In Japanese)化学工業全般
ファインケミカル
Research progress (In Japanese)研究進捗状況:基礎研究段階
研究実施状況:継続中
Potentially provide a sample freebie (In Japanese)サンプル提供:不可
技術指導:可
Published papers related (In Japanese)日本化学会88春季年会講演会講演予稿集 (3月12日Web公開)
Research project
  • Exploratory Research for Advanced Technology;KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, ナイウェイ ワン, 上野 雅晴, 松本 努, 宮村 浩之, . CAPILLARY, METHOD FOR IMMOBILIZING CATALYST TO CAPILLARY, MICRO-REACTOR AND SOLID PHASE-LIQUID PHASE-GAS PHASE REACTION METHOD USING THE SAME. P2009-214056A. Sep 24, 2009
  • B01J  31/24     
  • B01J  19/24     
  • C07B  61/00     
  • C07B  41/06     

PAGE TOP