Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)進化的アルゴリズムを用いた画像処理による外観品質検査の自動化技術

(In Japanese)進化的アルゴリズムを用いた画像処理による外観品質検査の自動化技術 meetings

Seeds code S080000043
Posted date Jul 18, 2008
Researchers
  • (In Japanese)河村 圭
Affiliation
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学 大学院理工学研究科 環境共生系専攻
Research organization
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Name of technology (In Japanese)進化的アルゴリズムを用いた画像処理による外観品質検査の自動化技術 meetings
Technology summary (In Japanese)本技術は、目視外観検査に代わる新しい自動検査手法を構築するものである。具体的には、ノイズ部分も含まれている検査対象画像に対して、進化的アルゴリズムにより、注目部分(検査対象欠陥)を自動的に抽出・分類する手法を効率的に構築する。このような画像処理では、途中の処理手順の選択やそれに伴う多数のパラメータの組合わせ調整が必要であるが、本技術では自動的に最適化できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S080000043_01SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)目視外観検査の分野では、検査基準の高度化に伴い、検査者の熟練度が要求される例が多い。また、画像処理技術の開発においても、技術者の経験や勘を頼りとして試行錯誤的に処理手順を確立してきた。これに対して、本技術では、検査対象欠陥を抽出・分類するための高精度な画像処理手順の探索が高速に実施可能である。
Research field
  • Graphic and image processing in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)・熟練(画像処理の知識・ノウハウ)を要せずに注目部分(検査対象欠陥)の自動抽出・分類手法が提案できる。
・画像処理条件最適化の際の試行錯誤的な手順が不要となり、大幅な時間短縮が期待できる。
Usage Use field (In Japanese)画像診断(検査)を高精度化させ、外観品質特性の検査精度を向上させる(外観検査の効率化・外観品質の向上)
限度見本を基にした外観品質検査を自動化する。これまでに注目部分の抽出(例えば、コンクリート表面からのひび割れ抽出)やパターン認識(例えば,鋼材のさび外観評価・さび状況の分類)に関する研究実績があるが、他の画像処理分野への展開も可能である
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)宮本 文穂, 後藤 悟史, . METHOD OF INSPECTING SURFACE STATE OF OBJECT BY IMAGE PROCESSING, AND IMAGE PROCESSING PROGRAM FOR IT. P2008-076167A. Apr 3, 2008
  • G01N  21/88     
  • G06T   7/40     
( 2 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)河村 圭, . METHOD FOR AUTOMATICALLY DRAWING NOTICE PORTION BY IMAGE PROCESSING, DEVICE THEREFOR AND RECORDING MEDIUM RECORDING PROGRAM. P2007-102458A. Apr 19, 2007
  • G06T   7/00     
  • G06N   3/00     
  • G06T   1/00     

PAGE TOP