Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)水中音響を用いた貝類の食害生物の感知システム

(In Japanese)水中音響を用いた貝類の食害生物の感知システム meetings

Seeds code S080000046
Posted date Jul 18, 2008
Researchers
  • (In Japanese)関根 雅彦
Affiliation
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学 大学院理工学研究科 社会建設工学専攻
Research organization
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Name of technology (In Japanese)水中音響を用いた貝類の食害生物の感知システム meetings
Technology summary (In Japanese)瀬戸内海西部海域ではナルトビエイ等によってアサリが壊滅的な被害を受けている。本技術は、二枚貝食害生物が貝殻を破砕する音を水中マイクでモニタリングし、破砕音の特徴から食害生物の種類を含めて検出するシステム。実用化されれば、ナルトビエイ等の出現の早期検出が可能となる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S080000046_01SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)二枚貝の貝殻の破砕音による食害生物検出はまったく新しい着想であり、食害生物の生態解明、駆除装置のトリガー、食害警報装置など、沿岸漁業で大きな問題となっている貝類の食害に広く応用できる。
Research field
  • Fishes
  • Fisheries animals other than fishes
  • Fishing grounds and fishing conditions
Seeds that can be deployed (In Japanese)・食害生物種まで含めて検出できる。
・水中マイクと演算部からなる簡単な装置で自動判定できる。
・警報装置、駆除装置などのトリガーとして利用できる。
Usage Use field (In Japanese)ナルトビエイ来遊検知・駆除装置
貝類食害生物モニタリングシステム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)関根 雅彦, . METHOD FOR DETECTING BITTEN DAMAGE OF SHELLS, AND MONITORING SYSTEM. P2008-220238A. Sep 25, 2008
  • A01K  61/00     

PAGE TOP