Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)ヒトパラインフルエンザ2型ウイルスを用いたアレルギー性疾患の新規治療法

(In Japanese)ヒトパラインフルエンザ2型ウイルスを用いたアレルギー性疾患の新規治療法 meetings

Seeds code S080000074
Posted date Aug 8, 2008
Researchers
  • (In Japanese)保富 康宏
Affiliation
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学 大学院医学系研究科 連携大学院免疫制御(独立行政法人医薬基盤研究所霊長類医科学研究センター)
Research organization
  • (In Japanese)国立大学法人三重大学
  • (In Japanese)独立行政法人医薬基盤研究所
Name of technology (In Japanese)ヒトパラインフルエンザ2型ウイルスを用いたアレルギー性疾患の新規治療法 meetings
Technology summary (In Japanese)ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(hPIV2)はヒト呼吸器粘膜に感染を示すが、病原性を持たない。本技術はhPIV2を用いて、呼吸器粘膜に特異的にタンパクを発現するベクターの開発である。
Drawing

※Click image to enlarge.

S080000074_01SUM.gif S080000074_02SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)粘膜に対するベクターは現在のところ実用化されたものは無い。粘膜での投与タンパクに対し免疫反応を誘導するための粘膜アジュバントも現在のところ実用化されていない。
Research field
  • Pharmaceutical preparations in general
  • Basic research of histaminergic drugs and antihistaminergic drugs
  • Gene manipulation
Seeds that can be deployed (In Japanese)・安全である。
・作製が容易。
・応用範囲が広い。
Usage Use field (In Japanese)呼吸器粘膜に対する遺伝子治療
全身への広い範囲でのアレルギー性疾患、自己免疫性疾患の治療
新型インフルエンザウイルス等の粘膜感染ウイルスに対するワクチン
Potentially provide a sample freebie (In Japanese)サンプル提供可能
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人三重大学, . (In Japanese)保富 康宏, 河野 光雄, . PHARMACEUTICAL COMPOSITION USING PARAINFLUENZA VIRUS TYPE 2. P2008-074749A. Apr 3, 2008
  • A61K  39/04     
  • A61K  35/76     
  • A61K  48/00     
  • A61P  37/08     
  • A61P  17/00     
  • A61P  11/06     
  • A61P  11/02     
  • A61P  27/14     

PAGE TOP