Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)金ナノ粒子触媒の新規調製法および新しい応用

(In Japanese)金ナノ粒子触媒の新規調製法および新しい応用 meetings

Seeds code S080000089
Posted date Aug 8, 2008
Researchers
  • (In Japanese)春田 正毅
Affiliation
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 環境調和・材料化学専攻
Research organization
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Name of technology (In Japanese)金ナノ粒子触媒の新規調製法および新しい応用 meetings
Technology summary (In Japanese)汎用の高分子材料や活性炭、ナノ孔炭素に対しても簡便に金をナノ粒子として担持する方法として、担体表面に吸着させた金錯イオンを析出還元する方法や有機金錯体を固相で混合する方法などを開発した。その結果、常温、水溶液中でグルコースの酸素酸化が進行し、グルコン酸ナトリウムを高速、高選択的に製造できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S080000089_01SUM.gif S080000089_02SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)金の粒子径を2nm以下のクラスターにして、高分子、炭素、金属酸化物に分散・固定化することが出来るので、常温で働く空気浄化触媒(一酸化炭素やホルムアルデヒドの酸化)および液相酸化触媒(グルコースからグルコン酸ナトリウムの合成)として性能が大幅に向上した。
Research field
  • Polymeric materials in general
  • Manufacturing and its equipment
Seeds that can be deployed (In Japanese)・空気中の一酸化炭素、ホルムアルデヒド、アンモニア、トリメチルアミンを常温で酸化分解できる。
・担体を選ぶことにより、気相および液相での選択酸化や選択水素化など種々の反応への応用が可能である。
・担体の種類に応じて金の化合物と担持法を選ぶことにより、新しい触媒を作ることができる。
Usage Use field (In Japanese)気相および液相における選択酸化触媒
高耐久性顔料材(エンジ、ピンク、紫)、化粧品、塗料
柔軟性のある導電性材料、電池や化学センサ用の電極、赤外線センサ
Potentially provide a sample freebie (In Japanese)サンプル提供可能
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公立大学法人首都大学東京, . (In Japanese)石田 玉青, 春田 正毅, 槙山 梨沙, . SOLID POLYMER MATERIAL CARRYING NOBLE METAL PARTICULATE, PREPARATION METHOD THEREOF AND CATALYST. P2008-239801A. Oct 9, 2008
  • C08J   3/12     
( 2 ) (In Japanese)公立大学法人首都大学東京, . (In Japanese)春田 正毅, 皆川 歩, 木下 直人, . POLYMER MATERIAL WITH GOLD FINE PARTICLE ATTACHED TO SURFACE, AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2007-197591A. Aug 9, 2007
  • C08J   3/20     
  • B82B   3/00     

PAGE TOP