Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)琵琶湖に棲息する外来魚由来ペプチドを用いた新規高機能飼料の開発

(In Japanese)琵琶湖に棲息する外来魚由来ペプチドを用いた新規高機能飼料の開発 meetings

Seeds code S080000103
Posted date Sep 5, 2008
Researchers
  • (In Japanese)久保 幹
Affiliation
  • (In Japanese)立命館大学 総合理工学院・生命科学部 生物工学科
Research organization
  • (In Japanese)立命館大学
Name of technology (In Japanese)琵琶湖に棲息する外来魚由来ペプチドを用いた新規高機能飼料の開発 meetings
Technology summary (In Japanese)琵琶湖由来外来魚を有用なバイオマス資源として位置づけ、特殊微生物により分解したペプチド群に鶏の成育促進効果があることを見出した。
Drawing

※Click image to enlarge.

S080000103_01SUM.gif
Outline of related art and contending technology (In Japanese)一般的に鶏の飼料にはタンパク質げんとしてフィッシュミールが加えられているが、ペプチド化することで高付加価値化が可能となった。
Research field
  • Feed in general
  • Poultry in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)・特殊微生物による琵琶湖由来外来魚のペプチド化
・ペプチド群は鶏の生育促進効果を有する
・液体のペプチドの試料への均一な混合
Usage Use field (In Japanese)ペプチド混合新規高機能飼料
サプリメントとしてのペプチド群の供給
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人立命館, 淡海再資源化協同組合, 株式会社タケノウチ, . (In Japanese)久保 幹, 松宮 芳樹, 松山 高広, . GROWTH-PROMOTING AGENT FOR FOWLS AND FOWL FEED CONTAINING THE SAME. P2009-240234A. Oct 22, 2009
  • A23K   1/10     
  • A23K   1/18     

PAGE TOP