Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)2次元フォトニック結晶面発光レーザ

(In Japanese)2次元フォトニック結晶面発光レーザ

Seeds code S090000195
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)野田 進
  • (In Japanese)横山 光
  • (In Japanese)関根 孝二郎
  • (In Japanese)宮井 英次
Name of technology (In Japanese)2次元フォトニック結晶面発光レーザ
Technology summary (In Japanese)2次元フォトニック結晶面発光レーザは、その平面構造において、屈折率n1の第1媒質(下部クラッド層)12に屈折率n2(但し、n1≠n2)の第2媒質(フォトニック結晶周期構造体、格子点とも記す)21を正方格子状に配置した2次元フォトニック結晶20からなる。この基本的な構造は通常の面発光レーザと同様であり、所定の原理により面発光する。そして、この場合、この2次元フォトニック結晶20はそのフォトニック周期構造体21の形状を三角形として正方格子を構成したもので、並進対称性を備えるが回転対称性を備えてはいない。あるいは、ここで、フォトニック結晶20の格子構造は正方格子又は直交格子であり、2次元文様の分類方法でp1、pm、pg又はcmのいずれかである。最も好ましくは格子点の形状はほぼ三角形である。これにより、面発光された光が単峰性の直線偏光であると共に、Q値を高く(閾値を低く)することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000195_01SUM.gif
Research field
  • Lasers in general
  • Semiconductor lasers
Seeds that can be deployed (In Japanese)面発光された光が単峰性の直線偏光であると共に、Q値の高い2次元フォトニック結晶面発光レーザを提供する。
使いやすい単峰性の直線偏光と、低閾値化(Q値が高い)との両立を図り、面発光された光が単峰性の直線偏光であると共に、Q値を高く(閾値を低く)することができる。
Usage Use field (In Japanese)フォトニック結晶周期構造体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, コニカミノルタ株式会社, . (In Japanese)野田 進, 横山 光, 関根 孝二郎, 宮井 英次, . 2-DIMENSIONAL PHOTONICK CRYSTALLINE PLANE LUMINESCENCE LASER. P2004-296538A. Oct 21, 2004
  • H01S   5/18     
  • G02B   6/12     

PAGE TOP