Top > Search Technology seeds > (In Japanese)高周波用配線構造及び高周波用配線構造の形成方法並びに高周波信号の波形整形方法

(In Japanese)高周波用配線構造及び高周波用配線構造の形成方法並びに高周波信号の波形整形方法

Seeds code S090000447
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)安永 守利
  • (In Japanese)吉原 郁夫
Name of technology (In Japanese)高周波用配線構造及び高周波用配線構造の形成方法並びに高周波信号の波形整形方法
Technology summary (In Japanese)配線パターンを複数のセグメントに分割することで、従来のような局所的な調整ではなく、大域的にインピーダンスを調整して反射波を打ち消す伝送線構造とする。例えば、絶縁性基板の表面上に200MHz以上の高周波信号が伝送される伝送線を構成する配線パターンを備え且つ配線パターンに電気的に接続される集積回路が実装される高周波用実装基板上の配線パターンを複数個のセグメントS0~S11に分割する。そして各セグメントS0~S11毎に独立した特性インピーダンスZi(Z0~Z11)を与える。これにより、隣接する二つのセグメント同士の境界(S0とS1の境界、S1とS2の境界等)で特性インピーダンスの不整合点が発生し、反射波が発生する。各境界で発生するこれらの反射波が、容量性負荷CLによって発生した反射波も含めて重畳し合い、互いに打ち消し合うように個々のセグメントS0~S11の特性インピーダンスZi(Z0~Z11)を調整する。すなわち、積極的に各セグメントの境界で反射を発生させることでこれらの重ね合わせによって波形歪みを減少させる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000447_01SUM.gif
Research field
  • Printed circuits
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)高周波信号の波形歪を減少させることができる高周波用配線構造、高周波配線構造を用いた高周波用実装基板、集積回路及び高周波用実装基板、高周波用配線構造の形成方法並びに高周波信号の波形整形方法を提供する。
特別な集積回路等を用意することなく、配線パターンの形状だけで、従来の技術よりも確実に波形歪を減少させることができる。
Usage Use field (In Japanese)超大規模集積回路
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)安永 守利, 吉原 郁夫, . HIGH FREQUENCY WIRING STRUCTURE, METHOD FOR FORMING THE SAME, AND METHOD FOR SHAPING WAVEFORM OF HIGH FREQUENCY SIGNAL. P2005-150644A. Jun 9, 2005
  • H01L  27/04     
  • H01L  21/822    
  • G06F  17/50     
  • H01P   5/02     
  • H05K   1/02     
  • H05K   3/00     

PAGE TOP