Top > Search Technology seeds > (In Japanese)シロールをコアとするデンドリマー及びその合成

(In Japanese)シロールをコアとするデンドリマー及びその合成

Seeds code S090000522
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)三治 敬信
  • (In Japanese)田中 正人
  • (In Japanese)石渡 寛之
  • (In Japanese)貝塚 朋芳
  • (In Japanese)櫻井 英樹
Name of technology (In Japanese)シロールをコアとするデンドリマー及びその合成
Technology summary (In Japanese)シロールをコアとし、デンドロンとして、デンドロン群から独立に選択した式1で表されデンドリマーである。式1において、Meはメチル基、R1、R2、R3及びR4はデンドロンであり、式2のRa~Rdからなるデンドロン群から独立に選択される。式1のデンドリマーを合成する方法はアルキン類R5C≡CR5とテトラメチルジシランHMe2SiSiMe2Hとを遷移金属触媒(Ni、Pd又はPtを含むホスフィン錯体である)存在下で反応させることで製造される。R5は式2のRa~Rdからなるデンドロン群を表わす。遷移金属触媒の使用量はいわゆる触媒量でよく、一般的には反応基質であるHMe2SiSiMe2Hやアルキン化合物に対して20モル%以下で十分である。反応温度は、アルキン化合物の反応性を考慮し300℃以下の温度から選ばれるが、一般的には0~200℃の範囲が好ましい。本反応は溶媒中で実施することでスムーズに進行するが、溶媒としては炭化水素又はエーテル系溶媒が好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000522_01SUM.gif S090000522_02SUM.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)デンドロンの光捕集機能及びシロール間の相互作用による自己消光、結晶の生成などを抑制し、発光効率を上げ、かつ溶媒溶解性を高めて薄膜の形成特性を改善したデンドリマー、及びその合成方法を提供する。
シロールの発光特性の顕著な改善と、デンドロンユニットによる高い溶解性により、蛍光材料としての利用が可能である。
Usage Use field (In Japanese)発光材料、蛍光材料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)三治 敬信, 田中 正人, 石渡 寛之, 貝塚 朋芳, 櫻井 英樹, . DENDRIMER CONTAINING SILOLE AS CORE AND ITS SYNTHESIS. P2005-232017A. Sep 2, 2005
  • C07F   7/08     
  • C07C  43/215    
  • C07B  61/00     

PAGE TOP