Top > Search Technology seeds > (In Japanese)デジタルホログラフィ装置及びデジタルホログラフィを用いた像再生方法

(In Japanese)デジタルホログラフィ装置及びデジタルホログラフィを用いた像再生方法

Seeds code S090000628
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)粟辻 安浩
  • (In Japanese)久保田 敏弘
  • (In Japanese)笹田 正樹
Name of technology (In Japanese)デジタルホログラフィ装置及びデジタルホログラフィを用いた像再生方法
Technology summary (In Japanese)この位相デジタルホログラフィ装置は、光源1と、位相シフトアレイ素子(位相シフト素子)2と、撮像装置であるCCDカメラ3と、コンピュータ(再生像生成部)10とを備える。コンピュータ10はCCDカメラ3の撮像面に記録された位相分布データに基づいて計算処理を行うことで再生像を生成する。このコンピュータ10では、干渉パターン生成部11は、位相分布データに基づいて、各位相値の参照光毎に、参照光と物体光との干渉によって得られる干渉パターンを、補間処理を行って生成する。演算部12は、干渉パターン生成部11で生成された複数の干渉パターンに基づいて、複素振幅分布を計算し、その後、光学波面への変換を行って物体5の再生像を作成する。この位相デジタルホログラフィ装置では、位相値の異なる参照光を同時にCCDカメラ3の撮像面に入射させることにより、参照光を空間的に位相シフトして、位相値の異なる複数の干渉パターンを一度に生成することができる。これにより、1回の撮影で得られた1つの位相分布データを用いて複数の干渉パターンを得ることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000628_01SUM.gif
Research field
  • Applications of holography
  • Optical devices in general
  • Scattering, diffraction, interference of light.
Seeds that can be deployed (In Japanese)動的な変化を伴う被写体の再生像や、リアルタイムで被写体の再生像を得ることができるデジタルホログラフィ装置及びデジタルホログラフィを用いた像再生方法を提供する。
このデジタルホログラフィ装置では、位相シフト素子で、位相値の異なる複数の参照光を得ることができるので、撮影部で行う1回の撮影で、異なる位相値の参照光と物体光とが干渉した複数のデータを生成することができる。従って、このデジタルホログラフィ装置を用いれば、動く被写体を観察することができ、また被写体をリアルタイムで観察することができる。
Usage Use field (In Japanese)三次元形状計測装置、三次元物体分布計測装置、顕微鏡、製品検査装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)粟辻 安浩, 久保田 敏弘, 笹田 正樹, . DIGITAL HOLOGRAPHY DEVICE AND IMAGE REPRODUCING METHOD USING DIGITAL HOLOGRAPHY. P2005-283683A. Oct 13, 2005
  • G03H   1/22     

PAGE TOP