Top > Search Technology seeds > (In Japanese)リン含有高分子固定化パラジウム触媒およびその使用

(In Japanese)リン含有高分子固定化パラジウム触媒およびその使用 meetings

Seeds code S090000889
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)杉浦 正晴
  • (In Japanese)西尾 亮
Name of technology (In Japanese)リン含有高分子固定化パラジウム触媒およびその使用 meetings
Technology summary (In Japanese)高分子固定化パラジウムを架橋高分子に担持させてなる高分子固定化パラジウム触媒であって、架橋高分子が、芳香族側鎖、親水性側鎖、架橋基、及びーPR12(式中、R1はそれぞれ同じであっても異なってもよく、アルキル基、アリール基又はアラルキル基を表す)で表されるリン含有基を有する架橋性高分子を架橋させてなる。またこの発明は、この触媒の存在下で、R2-C≡C-R3(式中、R2及びR3はそれぞれ同じであっても異なってもよく、水素原子、又は置換基を有していてもよいアルキル基、アリール基もしくはアラルキル基を表す)で表されるアルキンを水素化することからなる、R2-CH=CH-R3で表されるアルケンの製法である。さらにこの発明は、この触媒の存在下で、有機ホウ素化合物とハロゲン化アリール又はハロゲン化ビニルとをクロスカップリング反応(鈴木ー宮浦カップリング)させることからなるビアリール化合物、アルキルアリール化合物、又は置換オレフィン類の製法である。
Research field
  • Nobel metal catalysts
  • Micelle
Seeds that can be deployed (In Japanese)ホスフィン配合子の添加を必要とせずに種種のパラジウム触媒反応に有効で、使用後の回収と再使用とが容易な、繰り返し使用しても活性低下のない、反応中及び後処理中にパラジウムの漏出がなく、またアルキンのアルケンへの部分水素化が可能な高分子固定化パラジウム触媒を提供する。
さらにこの触媒は、パラジウム触媒反応として菌頭アセチレンカップリング反応、Heck反応、アリル位置換反応Buchwald/Hartwig型アミノ化反応等のパラジウム触媒反応にも有効である。
Usage Use field (In Japanese)ビアリール化合物、アルキルアリール化合物、置換オレフィン
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 杉浦 正晴, 西尾 亮, . PHOSPHORUS CONTAINING MACROMOLECULE IMMOBILIZING PALLADIUM CATALYST AND METHOD FOR USING THE SAME. P2006-231318A. Sep 7, 2006
  • B01J  31/24     
  • C07C   1/32     
  • C07C   5/09     
  • C07C  15/14     
  • C07C  15/24     
  • C07C  15/52     
  • C07C  29/17     
  • C07C  33/03     
  • C07C  33/30     
  • C07C  33/32     
  • C07C  37/18     
  • C07C  39/15     
  • C07C  41/30     
  • C07C  43/205    
  • C07C  45/67     
  • C07C  49/782    
  • C07C  67/303    
  • C07C  69/618    
  • C07C 253/30     
  • C07C 255/50     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP