Top > Search Technology seeds > (In Japanese)光学活性1,2-ジアミン化合物の製造方法及び光学活性ニオブ触媒

(In Japanese)光学活性1,2-ジアミン化合物の製造方法及び光学活性ニオブ触媒

Seeds code S090000926
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)山下 恭弘
  • (In Japanese)ソルター マシュー メリック
  • (In Japanese)ルカリーニ シモーネ
Name of technology (In Japanese)光学活性1,2-ジアミン化合物の製造方法及び光学活性ニオブ触媒
Technology summary (In Japanese)ニオブ化合物と、式(I)で表される光学活性なテトラオール又はその対称体とを有機溶媒中で混合させて得られる反応系(ニオブ触媒)中で、式(II)または式(III)で表されるアジリジン化合物と、芳香族アミンとを反応させ、光学活性1,2-ジアミン化合物を製造する。式中、R1は水素原子、ハロゲン原子または炭素数が1~3のパーフルオロアルキル基、R2は炭素数1~4のアルキル基または炭素数1~4のアルコシキシを示し、R2が結合しているベンゼン環は更に置換基R3を有していても良く、mは0~2のいずれかの整数である。R3は水素原子、炭素数1~4のアルキル基または炭素数1~4のアルコキシ基であり、R4及びR5は置換基を有していても良い炭化水素基で、R4とR5は結合して環を形成していてもよく、R4=R5である。R6およびR7は置換基を有していてもよいアリール基を示し、nは1~3のいずれかの整数である。ニオブ化合物としては、ニオブ(V)メトキシド又はニオブ(V)エトキシドを用いることが好ましく、有機溶媒としては、炭化水素やハロゲン化炭化水素などを好適に用いることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000926_01SUM.gif S090000926_02SUM.gif S090000926_03SUM.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)光学活性な多価アルコールを配位子としたニオブ触媒を用い、光学活性1,2-ジアミン化合物を高収率かつ、高立体選択的に製造する方法及び光学活性ニオブ触媒を提供する。
光学活性ニオブ触媒を用いて、光学活性1,2-ジアミン化合物を高収率かつ、高立体選択的に製造することができる。生成物は、不斉反応の光学活性配位子など重要な用途をもつ。
Usage Use field (In Japanese)光学活性1,2-ジアミン化合物、不斉反応の光学活性配位子
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 山下 恭弘, ソルター マシュー メリック, ルカリーニ シモーネ, . METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE 1,2-DIAMINE COMPOUND AND OPTICALLY ACTIVE NIOBIUM CATALYST. P2007-238518A. Sep 20, 2007
  • C07C 209/60     
  • C07C 209/62     
  • C07C 211/48     
  • C07C 217/84     
  • B01J  31/22     
  • C07B  61/00     
  • C07B  53/00     

PAGE TOP