Top > Search Technology seeds > (In Japanese)β-アミノカルボニル化合物の製法

(In Japanese)β-アミノカルボニル化合物の製法

Seeds code S090000981
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)杉浦 正晴
  • (In Japanese)小川 知香子
  • (In Japanese)小西 英之
Name of technology (In Japanese)β-アミノカルボニル化合物の製法
Technology summary (In Japanese)MXnLmで表される遷移金属錯体の存在下で、式I(化1)で表されるアルデヒドと、式IIで表されるα位活性水素を有するカルボニル化合物と、アンモニアとを反応させ、式IIIで表されるβ-アミノカルボニル化合物を製造する。MXnLmにおいて、MはFe、Ru、Os、Coなどの遷移金属;Xはアニオン性配位子、Lはオレフィン、又はP、N及びSの群から選ばれる1つの配位元素を有する中性配位子;n,mははそれぞれの配位子の数(0~4)であって金属の種類によって定まる自然数を表す。式I~III中、R1は水素原子、又は置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、芳香族炭化水素基、不飽和炭化水素基若しくは複素環基を表す。R2~R4は、置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、芳香脂族炭化水素基、不飽和炭化水素基、複素環基、カルボニル基、水酸基、アルコキシ基、又はアミノ基を表す。ただしR3とR4は水素原子でもよい。遷移金属錯体の具体例としては、PtCl2(PPh32、PtCl2[(S)-tol-BINAP]、PtCl2(dppe)などが挙げられる。例えば、式4の反応を例示できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000981_01SUM.gif S090000981_02SUM.gif S090000981_03SUM.gif S090000981_04SUM.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)アンモニアを原料としたワンポットの反応でβ-アミノカルボニル化合物を製造する方法を提供する。
アンモニアを原料としたワンポットの反応で効率的に製造コストの面でも有利なβ-アミノカルボニル化合物を製造することができる。
Usage Use field (In Japanese)β-アミノカルボニル化合物、生物活性物質
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 杉浦 正晴, 小川 知香子, 小西 英之, . METHOD FOR PRODUCING β-AMINOCARBONYL COMPOUND. P2008-214300A. Sep 18, 2008
  • C07C 221/00     
  • C07C 225/16     
  • C07C 227/10     
  • C07C 229/28     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP