Top > Search Technology seeds > (In Japanese)インドール化合物の製法及び触媒

(In Japanese)インドール化合物の製法及び触媒

Seeds code S090000984
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)宮嵜 洋二
Name of technology (In Japanese)インドール化合物の製法及び触媒
Technology summary (In Japanese)3価の金をスチレン系高分子に担持させて成る触媒であって、スチレン系高分子が、スチレンモノマーをベースとし、その主鎖又はベンゼン環が水酸基又はアルコキシ基を有する親水性側鎖を有する高分子担持金触媒である。式中、R3は、ヘテロ原子を含んでもよい炭化水素基、R4は水素原子又は置換基を有していてもよいアルキル基若しくはアリール基、R5は、ヘテロ原子を含んでもよい炭化水素基を表し、oは0~4の整数を表す。また、インドール化合物の製法は、有機溶媒中で、この触媒と、式で表されるo-アルキニルアニリン誘導体とを併存させることから成る。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000984_01SUM.gif
Research field
  • Nobel metal catalysts
Seeds that can be deployed (In Japanese)o-アルキニルアニリン誘導体からインドール化合物を合成するための回収可能な金触媒及びこの金触媒を用いてインドール化合物を合成する方法を提供する。
3価の金イオンをポリマー上に固定化した触媒を利用して、医薬品等生理活性物質の部分構造にしばしば見られるインドールをo-アルキニルアニリンから合成する事が可能になる。
Usage Use field (In Japanese)金触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 宮嵜 洋二, . METHOD OF PRODUCING INDOLE COMPOUND AND CATALYST. P2008-221056A. Sep 25, 2008
  • B01J  31/26     
  • B01J  31/06     
  • C07D 209/08     
  • C07D 209/12     
  • C08F 212/08     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP