Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)光学活性ヒドラジノケトエステル化合物の製造方法

(In Japanese)光学活性ヒドラジノケトエステル化合物の製造方法

Seeds code S090000990
Posted date Sep 14, 2009
Researchers
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)白川 誠司
Name of technology (In Japanese)光学活性ヒドラジノケトエステル化合物の製造方法
Technology summary (In Japanese)キラルなホスフィノフェロセン誘導体、及び銀化合物とを混合させて得られる触媒の存在下で、アゾジカルボキシレートとβ-ケトエステル化合物とを、水性溶媒中で反応させることからなる、光学活性α-ヒドラジノ-β-ケトエステル化合物を製造する方法である。キラルなホスフィノフェロセン誘導体は、式(1)で表されるキラルなホスフィノフェロセン誘導体である。式(1)中、R1、及びR2は、それぞれ独立して置換基を有していてもよい脂肪族炭化水素基、又は置換基を有していてもよい芳香族炭化水素基を示し、R3は置換基を有していてもよい炭化水素基を示す。R4はそれぞれ独立して水素原子又は置換基を有していてもよい炭化水素基を示す。また、式(1)におけるR1が置換基を有していてもよい芳香族炭化水素基、R2が置換基を有していてもよいアルキル基、R3が置換基を有していてもよいアルキル基、R4が水素原子である。更には、アゾジカルボキシレートが、式(2)で表されるアゾジカルボキシレートである。式(2)中、R6は、それぞれ独立して置換基を有していてもよい炭化水素基を表し、アルキル基であることが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090000990_01SUM.gif S090000990_02SUM.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)β-ケトエステルを用いたC-N結合の不斉生成反応を水性溶媒系で行う方法を提供する。
高収率、かつ高立体選択的な光学活性α-ヒドラジノ-β-ケトエステル化合物の製法を提供できる。水と有機溶媒との混合溶媒中でβ-ケトエステルに対してヒドラジノ基を高収率、かつ高立体選択的に導入する方法を提供するものであり、水共存下での反応であることから、有害な有機溶剤を減らせること、廃棄物の低減化が可能なこと等、環境に負荷をかけない化学反応のプロセスの構築が可能となる。
Usage Use field (In Japanese)医薬品工業、食品工業、
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)小林 修, 白川 誠司, . METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE HYDRAZINOKETOESTER COMPOUND. P2008-222620A. Sep 25, 2008
  • C07C 281/02     
  • C07C 227/06     
  • C07C 227/32     
  • C07C 229/48     
  • B01J  31/24     
  • C07B  53/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP