Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)AFI構造を有する新規アルカリ土類金属アルミノホスフェート及びその前駆体

(In Japanese)AFI構造を有する新規アルカリ土類金属アルミノホスフェート及びその前駆体

Seeds code S090001124
Posted date Mar 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)シャマール クマール サハ
  • (In Japanese)スレッシュ ビー ワグモーデ
Name of technology (In Japanese)AFI構造を有する新規アルカリ土類金属アルミノホスフェート及びその前駆体
Technology summary (In Japanese)MAPO‐5を合成するためにはアルミニウム源、ストロンチウム源、リン源及び水からなる反応混合物を作り、これを撹拌してゲル化し、80~90℃に加熱、乾燥してドライゲルを得る。ドライゲル粉体をオートクレーブにて構造誘導物質であるトリエチルアミン蒸気および水蒸気の存在下で100~150℃に保持して結晶化させる。この結晶化物はMAPO‐5前駆体である。これを500~600℃にて空気中で焼成して、トリエチルアミンを焼失させることより、MAPO-5を得る。その粒子径は、0.5~2μm程度である。構造誘導物質としてのトリエチルアミンは最初から反応混合物の水に添加さる事もできる。また、反応混合物を撹拌しながら100~200℃で1~10日間加熱する水熱反応により、MAPO‐5前駆体を得ることも可能である。ストロンチウム源又はバリウム源にはこれら金属の有機酸塩や無機酸塩を用いる。アルミニウム源は硫酸アルミニウム、アルミン酸ナトリウム、アルミナ等を用いる。リン源はオルトリン酸、メタリン酸、ピロリン酸等のリン酸及びそれらの水溶性塩である。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090001124_01SUM.gif
Research field
  • Unit process
  • Production and handling of solid in general
  • Preparation of catalysts
Seeds that can be deployed (In Japanese)固体塩基性が期待できる自家蛍光イメージング(AFI)構造のアルカリ土類金属アルミノホスフェート(MAPO‐5、Mはストロンチウムまたはバリウム)及びその前駆体を提供する。
ストロンチウム(又はバリウム)アルカリ土類金属アルミノホスフェートは、固体塩基性が期待できる事から、有機合成上重要なアルドール縮合、クライゼン-シュミット反応、マイケル反応など塩基触媒反応を円滑に行うことが出来る。また、吸着に適用した場合、従来困難であった塩基性化合物も可能となる等、広範囲の応用が期待できる。
Usage Use field (In Japanese)触媒、吸着剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)杉 義弘, 窪田 好浩, シャマール クマール サハ, スレッシュ ビー ワグモーデ, . NEW ALKALINE EARTH METAL ALUMINOPHOSPHATE HAVING AFI STRUCTURE AND ITS PRECURSOR. P2005-112656A. Apr 28, 2005
  • C01B  37/06     
  • C01B  39/54     
  • C07B  61/00     
  • C07C   2/70     
  • C07C  15/14     

PAGE TOP