Top > Search Technology seeds > (In Japanese)凍結保護物質の調製方法

(In Japanese)凍結保護物質の調製方法

Seeds code S090001212
Posted date Mar 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)小幡 斉
  • (In Japanese)河原 秀久
  • (In Japanese)山出 和弘
  • (In Japanese)小村 啓悟
  • (In Japanese)金子 昌二
  • (In Japanese)坂本 紀子
Name of technology (In Japanese)凍結保護物質の調製方法
Technology summary (In Japanese)Erwinia(=Pantoea)属またはXanthomonas属に属する微生物が産生する凍結保護物質、前記微生物を30℃以下の温度で培養することにより凍結保護物質の発現を誘導させ、その培養物中から凍結保護物質を取得することを特徴とする凍結保護物質の製造方法、並びに、この凍結保護物資を用いたタンパク質および生物材料の安定化/保存方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090001212_01SUM.gif
Research field
  • Natural substances of biological origin
  • Microorganism inoculation and culture methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)比較的低濃度で使用することができ、代謝系酵素などのタンパク質の凍結変性を簡便かつ確実に防止することができる凍結保護物質を提供する。また、この凍結保護物質の製造方法ならびにこの凍結保護物質を利用方法を提供する。
比較的低濃度の添加量で代謝系酵素などのタンパク質の凍結変性を防止することのできる、微生物由来の凍結保護物質が提供される。また、この凍結保護物質を用いることによって、タンパク質や細胞、臓器、微生物等の生物材料を安定に凍結保存する方法や、生理活性等を維持した状態で安定に凍結保存されたタンパク質や各種の生物材料が提供される。
Usage Use field (In Japanese)凍結保護物質
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人 関西大学, . (In Japanese)小幡 斉, 河原 秀久, 山出 和弘, 小村 啓悟, 金子 昌二, 坂本 紀子, . CRYOPROTECTANT AND ITS UTILIZATION. P2001-139599A. May 22, 2001
  • C12P  21/00     
  • C07K   1/18     
  • C07K   1/20     
  • C07K   1/22     

PAGE TOP