Top > Search Technology seeds > (In Japanese)ギ酸分解用触媒、ギ酸の分解方法、水素製造方法、ギ酸製造および分解用装置、水素貯蔵および発生方法

(In Japanese)ギ酸分解用触媒、ギ酸の分解方法、水素製造方法、ギ酸製造および分解用装置、水素貯蔵および発生方法 meetings

Seeds code S090001556
Posted date Mar 19, 2010
Researchers
  • (In Japanese)福住 俊一
  • (In Japanese)末延 知義
  • (In Japanese)小林 岳史
Name of technology (In Japanese)ギ酸分解用触媒、ギ酸の分解方法、水素製造方法、ギ酸製造および分解用装置、水素貯蔵および発生方法 meetings
Technology summary (In Japanese)化1で表されるロジウム単核金属錯体、その互変異性体もしくは立体異性体、またはそれらの塩を含むギ酸分解用触媒で、Rhは、ロジウムの原子またはイオンであり、Arは、芳香族性を有する配位子であり、置換基を有していても有していなくても良く、置換基を有する場合、前記置換基は1でも複数でも良く、R1~R5は、それぞれ独立に、水素原子または任意の置換基であり、Lは、任意の配位子であるか、または存在せず、mは、正の整数、0、または負の整数である。ギ酸を分解して水素および二酸化炭素を発生させるギ酸分解部と、水素および二酸化炭素からギ酸を製造するギ酸製造部より構成される水素発生方法である。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090001556_01SUM.gif
Research field
  • Nobel metal catalysts
  • Chemical equipment in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ロジウム単核金属錯体に基づくギ酸分解用触媒、ギ酸の分解方法、ギ酸を原料とする水素製造方法、ギ酸分解用装置、水素貯蔵および発生方法を提供する。
高活性で、水素を安全に、効率良く、かつ低コストで提供することが可能なギ酸分解用触媒が得られ、ギ酸を原料として極めて高効率で繰り返し水素の発生(製造)を行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)ギ酸分解用触媒、ギ酸分解装置、水素製造装置、ギ酸分解用装置、水素貯蔵装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)福住 俊一, 末延 知義, 小林 岳史, . CATALYST AND METHOD FOR DECOMPOSING FORMIC ACID, METHOD FOR PRODUCING HYDROGEN, APPARATUS FOR PRODUCING AND DECOMPOSING FORMIC ACID AND METHOD FOR ABSORBING AND GENERATING HYDROGEN. P2009-078200A. Apr 16, 2009
  • B01J  31/22     
  • C01B   3/22     
  • C01B   3/00     
  • C07C  51/00     
  • C07C  53/02     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP