Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)足踏み駆動式車椅子

(In Japanese)足踏み駆動式車椅子

Seeds code S090001760
Posted date Mar 19, 2010
Researchers
  • (In Japanese)内山 寛信
  • (In Japanese)倉田 純一
  • (In Japanese)上本 卓志
  • (In Japanese)井上 勇輝
Name of technology (In Japanese)足踏み駆動式車椅子
Technology summary (In Japanese)足踏み駆動式車椅子は、本体椅子部と、補助輪と、補助輪よりも大径の駆動輪3と、この駆動輪3を駆動する駆動機構6と、駆動輪3を制動する制動機構とを備える。駆動機構6は、踏み込み面と直交する直線に沿って往復動できるように取り付けるペダル15と、ペダル15から伝動される往復動を回転に変換する変換機構16と、回転を駆動輪に伝動する伝動機構17とから構成されることを特徴とする。この構成とすることで、足踏み駆動式車椅子に着座した搭乗者が、ペダル15に足を載せ、足踏み動作によるペダル15の直線状の往復動(上下動)を行うことによってペダル15の往復動が変換機構16によって回転に変換され、この回転を駆動力として足踏み駆動式車椅子が前進する。なお、ペダル15の少なくともその一部の往復動とは、例えば、つま先側、又はかかと側の一方を上下方向に回動自在に固定して他方を上下動させるような動きを含む。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090001760_01SUM.gif
Research field
  • Medical instruments and apparatuses
  • Prosthesis (=artificial substitutes for body part)
Seeds that can be deployed (In Japanese)日常的なリハビリテーションを行うべく、足の可動範囲が狭い使用者であっても使用することができる足踏み駆動式車椅子を提供する。
足の可動範囲が狭い人であっても使用することができ、それによって意図した移動をすることができ、それと同時に、下肢部のリハビリテーションを行うことができるようになるという優れた効果を奏し得る。また、如何なる原動機も使用しないため、自らの力による実現感が高く、意欲向上にも有効である。
Usage Use field (In Japanese)足踏み駆動式車椅子、上下動ペダル足踏み式車椅子、車椅子
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人 関西大学, . (In Japanese)内山 寛信, 倉田 純一, 上本 卓志, 井上 勇輝, . FOOT-DRIVEN TYPE WHEELCHAIR. P2006-280398A. Oct 19, 2006
  • A61G   5/02     

PAGE TOP