Top > Search Technology seeds > (In Japanese)廃棄物の処理方法及び廃棄物処理用吸着材

(In Japanese)廃棄物の処理方法及び廃棄物処理用吸着材

Seeds code S090001798
Posted date Mar 19, 2010
Researchers
  • (In Japanese)野口 文男
  • (In Japanese)柿本 幸司
  • (In Japanese)橘 武史
  • (In Japanese)川田 勝三
  • (In Japanese)阪本 尚孝
Name of technology (In Japanese)廃棄物の処理方法及び廃棄物処理用吸着材
Technology summary (In Japanese)廃棄物に、マグネシウム又はマグネシウム合金を主成分とする吸着材を添加混合し、水とマグネシウムの反応によりマグネシウム表面に生成する水酸化マグネシウムの層に、廃棄物中の有害な金属等を吸着させ、廃棄物から有害金属が溶出しないようにする。対象とする廃棄物とは、有害な金属、例えば、亜鉛、カドミウム、水銀、砒素、鉛、クロム、アルミニウム、スズ、アンチモン、マンガン、ニッケル、コバルトや、その他人体に有害な金属を含有する、各種スラッジ、集塵ダスト、石炭灰、汚染土壌、建築廃棄物等である。添加混合に際しては、予め混合物に水を加えて混練するのが好ましい。吸着材の添加量は、廃棄物に対して0.01~2重量%、好ましくは、0.1~0.5重量%である。吸着材の形態としてはマグネシウム又はマグネシウム合金の粉末、粒状物、リボン、薄片状で使用する。添加する水や、水硬性の固化材や、セメントは対象となる廃棄物の種類によっても大きく異なるが、水硬性の固化材やセメントの量はおよそ5~25重量%、水は5~15重量%ぐらいが適当である。
Research field
  • Waste treatment in general
  • Sludge treatment and disposal
  • Adsorbents
Seeds that can be deployed (In Japanese)有害な金属等を含有するスラッジやダクト等の廃棄物の処理方法を提供する。
マグネシウムスクラップの有効活用を図ることができると共に有害な金属等を含有するスラッジやダクト等の廃棄物の処理に際し、有害な金属等が溶出して二次公害を起こす恐れを少なくする。
Usage Use field (In Japanese)廃棄物処理用吸着材
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人九州工業大学, 株式会社アステック入江, . (In Japanese)野口 文男, 柿本 幸司, 橘 武史, 川田 勝三, 阪本 尚孝, . WASTE TREATNENT METHOD, AND ADSORBING MATERIAL FOR WASTE TREATMENT. P2006-181432A. Jul 13, 2006
  • B09B   3/00     
  • B01J  20/02     

PAGE TOP