Top > Search Technology seeds > (In Japanese)12SrO・7Al2O3化合物とその合成方法

(In Japanese)12SrO・7Al2O3化合物とその合成方法

Seeds code S090002093
Posted date Mar 19, 2010
Researchers
  • (In Japanese)細野 秀雄
  • (In Japanese)林 克郎
  • (In Japanese)平野 正浩
Name of technology (In Japanese)12SrO・7Al2O3化合物とその合成方法
Technology summary (In Japanese)水酸化ストロンチュームとγ—アルミナを12:7(Sr/Al=12:14)で当量混合した原料粉末を、アルコール中で混合し、室温静水圧プレスにより、円盤状に加工し、大気中で、800℃で2時間焼成し固相反応させ、その後、室温まで、約100℃/秒の速度で急冷した。得られた化合物は、12SrO・7Al2O5であることをX線回折により確認した。
Research field
  • Unit process
  • Production and handling of solid in general
  • Preparation of catalysts
Seeds that can be deployed (In Japanese)混晶化合物を200℃以上600℃以下の温度領域で緩やかに温度を上下させることにより、活性酸素種であるO2イオンラジカルおよび/またはOイオンラジカルを発生させて雰囲気中に取り出す方法を提供する。
Oイオンビームを有機化合物に照射して、有機化合物を酸化させ、有機化合物の酸化方法で、Oイオンビームを半導体化合物表面または超伝導体薄膜表面に照射して、表面に酸化膜を形成する酸化膜の形成方法であり、水分が存在しても、触媒機能が持続する。
Usage Use field (In Japanese)酸化触媒材、抗菌材、イオン伝導体、固体燃料電池用電極材、アニオンビーム源
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)細野 秀雄, 林 克郎, 平野 正浩, . 12SrO/7AL2O3 COMPOUND AND ITS SYNTHESIZING METHOD. P2003-238149A. Aug 27, 2003
  • C01F   7/16     
  • H01M   4/90     

PAGE TOP