Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)アリールアントラセン化合物の製造方法

(In Japanese)アリールアントラセン化合物の製造方法

Seeds code S090002273
Posted date Mar 19, 2010
Researchers
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)ラジャ チルマラスワミー
  • (In Japanese)ヤナ ホルニアコバ
Name of technology (In Japanese)アリールアントラセン化合物の製造方法
Technology summary (In Japanese)規則性メソポーラスシリカFSM-16、1gを真空下250℃で、1時間加熱した後、N2雰囲気下で室温に冷却した。このシリカを100mlフラスコに入れ、次いで無水トルエン15mlを加え、3-アミノプロピルトリメトキシシラン0.24g(1.4mmol)を加えた後、2時間加熱還流し、メタノールを除去するために、トルエン5mlを加え、150℃で2時間還流した。メタノールを留去後、さらに30分間加熱還流を続けた後、常温で濾過し、75℃で12時間乾燥し、3-アミノプロピル基が結合したメソポーラスシリカを得た。アミノ化メソポーラスシリカ1.0gを、室温においてエタノール中で、N2雰囲気下で、2-ピリジンカルボアルデヒド0.043gと24時間反応させた。得られた触媒配位子を分離し、空気中90℃で一夜乾燥し、この乾燥物を、塩化パラジウム70mgを含むアセトン5mlに加え、常温で24時間攪拌し、得られた触媒を濾過し、アセトンで洗浄廃液が無色になるまで洗浄し、触媒を90℃で一夜乾燥した。エタノール、トルエン及びアセトニトリルを用い、加熱還流をした後、18時間75℃で乾燥して触媒Aを約1g得た。
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Catalytic process
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)空気に対して高い安定性を有し、かつその使用後に反応生成物からの分離回収の容易なパラジウム錯体触媒を用いるアリール化アントラセン化合物の製造方法を提供する。
空気に対して高い安定性を有し、かつその使用後に反応生成物からの分離回収の容易なパラジウム錯体触媒を用いることから、アリールアントラセン化合物を工業的に有利に製造することができる。
Usage Use field (In Japanese)アリールアントラセン化合物
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)杉 義弘, 窪田 好浩, ラジャ チルマラスワミー, ヤナ ホルニアコバ, . PREPARATION METHOD OF ARYLANTHRACENE COMPOUND. P2005-015403A. Jan 20, 2005
  • C07C   1/32     
  • C07C  15/28     
  • B01J  31/22     
  • B01J  37/02     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP