Top > Search Technology seeds > (In Japanese)電極触媒の活性評価方法およびこれに用いる試験電極

(In Japanese)電極触媒の活性評価方法およびこれに用いる試験電極 meetings

Seeds code S090003392
Posted date Mar 26, 2010
Researchers
  • (In Japanese)渡辺 政廣
  • (In Japanese)内田 裕之
Name of technology (In Japanese)電極触媒の活性評価方法およびこれに用いる試験電極 meetings
Technology summary (In Japanese)触媒粒子の分散液を、基材の表面に塗布、乾燥して触媒層を形成し、触媒層の表面にイオノマー溶液を塗布、乾燥し作成した試験電極により、触媒粒子の活性を評価する電極触媒の活性評価方法であり、触媒層は、触媒粒子又はその一次凝集体がほぼ単層に配列されたものである。分散液の分散媒として、親水性有機溶媒又はその水溶液であって水より表面張力の小さいものを用いることが好ましい。また、基板に塗布された分散液の乾燥を、分散液中の分散媒の飽和蒸気圧下で行うことが好ましい。さらに、分散液の基材表面単位面積当りの塗布量は45~57μL/cm2の範囲内とすることが好ましい。また、イオノマーの被覆に際して、イオノマーを親水性有機溶媒又はその水溶液であって水より表面張力の小さいものに溶解したイオノマー溶液を用いることが好ましい。また、触媒の活性評価用試験電極は、基材1の表面に触媒粒子を分散させた触媒層3が形成され、触媒層の表面がイオノマーで被覆された電極触媒の活性評価用試験電極であって、触媒層は、触媒粒子又はその一次凝集体2がほぼ単層に配列されて形成されたものである。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090003392_01SUM.gif
Research field
  • Electrochemistry in general
  • Electrochemical reaction
Seeds that can be deployed (In Japanese)触媒粒子の凝集が無く、触媒粒子が一様に分散されかつその一次凝集体が多層に積層していない試験電極を調製する手段を提供し、これにより触媒活性のより正確な評価を可能にする触媒の活性の評価方法を提供する。
粒子又はその一次凝集体がほぼ単層に配列された触媒層を形成することにより、触媒粒子のマクロな偏在と径の大きい凝集体(二次凝集体)の生成を防止し、触媒粒子又はその一次凝集体が多層に積層せず、ほぼ単層に隙間無く配列した触媒層を得ることができる。さらに、この触媒層の乾燥を分散媒の飽和蒸気圧下で行うことにより、乾燥中の触媒粒子の凝集を防止することができる。これにより、触媒活性の正確な評価が可能になる。
Usage Use field (In Japanese)燃料電池や電気自動車の触媒活性評価装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山梨大学, . (In Japanese)渡辺 政廣, 内田 裕之, . ACTIVITY EVALUATING METHOD OF ELECTRODE CATALYST, AND TEST ELECTRODE USED FOR IT. P2006-220538A. Aug 24, 2006
  • G01N  27/416    
  • H01M   4/86     
  • H01M   4/88     
  • H01M   8/10     

PAGE TOP